Record China

ヘッドライン:

<横顔>ウサイン・ボルトと走った!アジア随一の9秒台スプリンター―蘇炳添

配信日時:2015年8月25日(火) 19時8分
拡大
1/2枚
2015年8月23日、世界陸上北京大会男子100メートル決勝で、中国の新星スプリンター・蘇炳添(スー・ビンティエン)がジャマイカ代表の王者ウサイン・ボルトとともに走り、9位という成績を残した。アジア人としては初の、同大会100メートル決勝進出。また、蘇は準決勝で「10秒の壁」を再び破る、9秒99の国内タイ記録を出した。短距離を得意としないアジア人だが、新たな期待の星に中国のみならず、日本も、アジアも湧いている。そんな彼の略歴を以下に紹介する。

その他の写真

■来歴

蘇炳添(スー・ビンティエン/そ・へいてん)
1989年8月29日生まれ、広東省中山市出身の男子陸上競技選手(短距離)。身長173センチ、体重66キロ。曁南大学経済学院卒業(国際経済・貿易専攻)。100mと室内60mの中国記録保持者。2015年北京世界選手権100mでアジア人初のファイナリスト(9位)となる。

■経歴

中学生の時に陸上競技をスタート。理由は課外補習を免除してもらうためだったという。アスリートとしての公式戦デビューは2004年11月、15歳の時。広東省中山市中学陸上競技大会がその舞台だった。2006年、17歳で省の陸上チームに加盟し、同時にシニア戦デビューを果たす。

2011年に国内陸上選手権の男子100mで優勝。10秒16で13年ぶりに中国記録を更新した。

国際舞台の場では、これと前後して2009〜2010あたりから頭角を現してくる。2012年にはロンドン五輪に出場し、男子100mで中国人初の準決勝進出を果たした。

2015年5月、国際陸上競技連盟(IAAF)ダイヤモンドリーグ第3戦、プレフォンテーン・クラシック男子100mで3位入賞。9秒99で再び中国記録を更新した。また、この時、「10秒の壁」を突破した史上3人目のアジア人となる(なお、蘇以前の2人は共にナイジェリア出身の帰化カタール人のため、蘇は純粋なアジア出身者としては初の記録保持者といえる)。

2015年8月23日、世界選手権男子100m準決勝で再び9秒99(国内記録タイ)を出し、アジア人初の決勝進出を決める。決勝は10秒06で9位。

■エピソード

・中国陸上史に金字塔を打ち立てたとして、国内では英雄的存在。

・身長は高くないが理想的なプロポーションをしており、スタートから加速に入るスピードと、リズム感ある走りが武器。米国でのトレーニングを経て、スタミナ、テクニック、メンタルをシステマティックに向上させてきたのも強み。

・2013年8月、蘇の持っていた男子100mの中国記録を10秒00で覆した28歳の張培萌(ジャン・ペイモン)が好敵手と言えよう。張のこの記録は2015年5月、再び蘇によって破られた。

・堅実で控えめな性格。トレーニング第一のストイックな生活を送っている。

・中国版ツイッター「微博」の公式アカウントには10万人以上のフォロワーがいる。

・2015年世界選手権をきっかけに大幅に注目された日本でも、インターネットで「蘇炳添」と検索をかけると自動的に「イケメン」というキーワードがポップアップされるが、本国の中国では「イケメンすぎる」「アジア一のイケメン」などと評され、その隆々たる肉体美を撮影した画像がネットで出回っている。

■2つの中国記録

100m―9秒99(2015年5月30日、IAAF ダイヤモンドリーグ第3戦プレフォンテーン・クラシック)

室内60m―6秒52(2014年3月8日、世界室内選手権)

■主要大会での主な入賞歴

2009年アジア室内競技大会―男子60m・金メダル
2011年アジア陸上競技選手権大会―男子100m・金メダル
2013年アジア陸上競技選手権大会―男子100m・金メダル(2連覇)
2014年アジア競技大会―男子100m・銀メダル
(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<世界陸上>中国人選手を「誇りに思う」と称えた日本の記者に中国ネットが反応=「これぞ日本民族の美徳!」「韓国人の反応はきっと…」

24日、世界陸上北京大会の男子100メートル決勝にアジア人として初めて出場した中国の蘇炳添を称えた日本の記者のコメントに、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は国家体育場で行われた男子100メートル決勝。

Record china
2015年8月24日 14時52分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング