Record China

ヘッドライン:

記者だけでなくネットユーザーも!日本から蘇炳添を称える声続々=中国ネット「わが国とは雲泥の差」「韓国人なら『禁止薬物を使った』と言うだろう」

配信日時:2015年8月26日(水) 2時7分
拡大
1/2枚
2015年8月24日、騰訊体育は、日本のネットユーザーが中国の陸上短距離の蘇炳添(スー・ビンティエン)を称賛していると報じた。

その他の写真

蘇炳添は、23日に行われた世界陸上の男子100メートルで、アジア人として初めて決勝に進出した。決勝では9人中9位だったものの、ある日本人記者は「黄色人種として、私たちも彼の成績を誇りに思います。これは大きな1歩です」と語っている。また、別の記者は蘇炳添がアジアで初めて9秒台を記録し、準決勝で再び9秒99をマークしたことについて「黄色人種が10秒を切るところを初めて生で見た。感動した」と称えた。

日本のネットユーザーからも、「中国人とかは関係ない。はっきり言ってすごい」「アジアの誇り」「このまま突っ走ってほしい」「蘇炳添を見ると、日本の選手にはちょっとガッカリ」といった称賛するコメントが寄せられた。

日本から寄せられた蘇炳添への称賛に、中国のネットユーザーは「もし逆の立場なら、中国のネットユーザーは大ブーイングだろうに」「日本の天才少年も、アジアの誇りだよ」「日本人は韓国人よりずっと素晴らしい」「韓国人なら『蘇炳添は韓国人』『蘇炳添は禁止薬物を使った』『蘇炳添が10秒を切れたのは朴泰桓(パク・テファン。韓国の競泳選手)が出場していなかったから』と言うだろう」「日本は強者を崇拝する民族。私たちが強くなりさえすれば、日本人も足元にひれ伏す」「中国のネットユーザーと日本のネットユーザーは雲泥の差。謙虚さが人を進歩させる。中国人は誇りに思っているのではなく、うぬぼれてるだけ」などのコメントを寄せている。(翻訳・編集/北田

関連記事

<世界陸上>中国人選手を「誇りに思う」と称えた日本の記者に中国ネットが反応=「これぞ日本民族の美徳!」「韓国人の反応はきっと…」

24日、世界陸上北京大会の男子100メートル決勝にアジア人として初めて出場した中国の蘇炳添を称えた日本の記者のコメントに、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は国家体育場で行われた男子100メートル決勝。

Record China
2015年8月24日 14時52分
続きを読む

中国の蘇が黄色人種初の9秒台、陸上男子100M=韓国ネットは失望・自虐の声多数「中国・日本には足の速さも経済・文化も完敗」―中国メディア

31日、陸上男子100メートルで中国の蘇炳添が黄色人種として初めて10秒を切る公式記録をマークしたことに、韓国のインターネット上では失望の声が少なくなく、自虐コメントまで書き込まれている。写真は13年10月、東アジア競技大会の蘇。

Record China
2015年6月1日 15時45分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング