Record China

ヘッドライン:

これも抗日“神”ドラマ?「間違い発見」の報告に、中国ネット「これはセーフ」「日本のアニメだって…」

配信日時:2015年8月24日(月) 6時30分
拡大
22日、中国版ツイッター・微博である抗日ドラマのワンシーンが話題になっている。
(1/2枚)

2015年8月22日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、ある抗日ドラマのワンシーンが話題になっている。

その他の写真

これまでにもとんでもない設定やストーリー、セリフでやゆされてきた抗日ドラマ。今回ネットユーザーが指摘したのは「秀才遇到兵」のワンシーン。書き込みは「間違い発見。どうして日本人の教官が日本兵に授業をするのに中国語を使うんだ」としており、掲載された写真には、教官が黒板に漢字や数字などを書いている様子が写っている。ただ、一部に中国語にしかない漢字が使われているものの、日本語の単語が使われていたり、日中で共通する単語もあるため、ほかのネットユーザーからは指摘するほどのことではないという反応も見られる。以下は、コメントの一部。

「日本のアニメでは外国人も全員、日本語しゃべってるじゃん」

「監督スタッフは日本語がわからないからね」

「簡体字を使ってないだけでもう十分良心的だよ」

「これは間違いじゃない。視聴者が見てわかるようにするためだろ」

「バカか?書いてあるのは日本語だよ」

「日本語も漢字使うでしょ」

「ここに書いてあるのは全部日本語の単語だよ。中国が日本から逆輸入したものもある」

「なんか、日本語と繁体字が混ざってるな」

「これはセーフ」

「ほかの抗日ドラマの日本人も、みんな中国語話してるじゃない」(翻訳・編集/北田

関連記事

日本進出の中国アニメに日本ネットは「素手で日本兵を真っ二つを期待してた」と失望の声=「急に抗日ドラマが誇らしく思えてきた」―中国ネット

20日、中国版ツイッターで、中国アニメ「雛蜂―BEE―」について、日本のネットユーザーから失望の声が出ているとの投稿があった。中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本兵を素手で真っ二つにしたことで話題となった抗日ドラマ。

Record China
2015年8月21日 13時46分
続きを読む

ランキング