韓国人観光客が日本で行う「新手の詐欺」とは?=日本人の反応は「常識的」

配信日時:2015年8月19日(水) 7時8分
韓国人観光客が日本で行う「新手の詐欺」とは?=日本人の反応は「常識的」
画像ID  481639
18日、韓国のインターネット掲示板に、日本を訪れる韓国人観光客による「新手の詐欺」を警告するスレッドが立ち、ネットユーザーの関心を集めている。写真は100ウォン硬貨と100円硬貨。
2015年8月18日、韓国のインターネット掲示板に、日本を訪れる韓国人観光客による「新手の詐欺」を警告するスレッドが立ち、ネットユーザーの関心を集めている。日本への復讐(ふくしゅう)を意図した故意の行為ならば、「こんなせこい復讐初めて見た」と日本ネットはむしろあきれている。

その他の写真

スレッド主によると、最近、韓国人観光客の中で、100ウォン硬貨(約10円)の色や大きさが100円硬貨によく似ていることを悪用して、日本で100ウォン硬貨を混ぜて支払う人が急増しており、店側に硬貨をしっかり確認するよう警告を発している。

韓国は1905年から45年までの35年間(日韓併合時代)、日本と同じ貨幣制度を採用して硬貨も大阪造幣局で鋳造されたこともあってか、デザインや材質が酷似。一時、日本の自販機が500円と500ウォン(約50円)を同じ硬貨として認識することを悪用して、お釣りレバーで500円をだまし取る詐欺がはやったことがあったと言われる。

このスレッドについて、韓国のネットユーザーからは「自分も(日本のコンビニで)うっかり出したことがあるけど、店員が面食らっていた」「逆に韓国で100円硬貨を出して、バイトの子が気付いてくれた」と“うっかりミス”を反省する声もあったものの、「だまされる日本人が悪い」「こうやって少しずつ復讐していくからな」などと意図的な“犯行”をほのめかす指摘もあった。

こうした指摘には日本ネットも「本当に成長しないな」「犯罪行為をどうしてこうも擁護できるのだろう」とあきれ顔だ。もし、こうした行為が故意で行われているとしたならば、「そんなものをつかまされた日本人の韓国人への心情は最悪になる。長い目で見たら、マイナスでしかないのに」と日本人の反応は常識的だ。(編集/KO)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事