中国の尖閣諸島領有権主張サイトに5カ国語を追加=「また矛盾から目をそらさせるのか」「それより天津爆発の真相が知りたい」―中国ネット

Record China    2015年8月16日(日) 22時18分

拡大

15日、人民日報は、中国の尖閣諸島領有権主張サイトに5カ国語が新たに追加されたと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

(1 / 2 枚)

2015年8月15日、人民日報は、中国の釣魚島尖閣諸島の中国名)領有権主張サイトに5カ国語が新たに追加されたと伝えた。

その他の写真

人民日報によれば、これまでの中国語、英語、日本語に加えて、新たにフランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、アラビア語が加わり、合計8カ国語で尖閣諸島の領有権を主張するという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「それでも実際の支配は日本人の手にある」

「何を叫んでも日本人の耳には聞こえないのに」

「たとえ1万語増やしても日本が実効支配しているんだけど」

「自分の住むところすらないのに、釣魚島のことなんかかまっていられるか!」

「釣魚島が中国のものなら、庶民の家は誰のものだ?釣魚島を取り戻せても、自分の家は守れないのか?」

「また矛盾から目をそらさせるのか」

「また視線をそらさせることが始まったよ。恥知らずだなあ」

「今この時にこのニュースは適切ではないと思うのだが」

「それより天津爆発の真相が知りたい。遭難者の数字の真実が」

「話題をすり替えるのはやめようよ。いま俺たちは小島に関心はない。天津市民と消防隊に関心があるんだ」

「釣魚島は中国のものか、政府のものか、それとも開発業者のものなのか」

「フェイスブックやツイッター、グーグルを使わせてくれたら俺も宣伝を手伝うけど」(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携