Record China

ヘッドライン:

慰安婦訴訟を無視する日本、被害女性らが“韓国政府の直接関与”を要請=韓国ネット「韓国政府が賠償するべき」「慰安婦問題を捨て日本と首脳会談を」

配信日時:2015年8月14日(金) 2時27分
拡大
1/2枚
2015年8月13日、韓国・聯合ニュースによると、日本政府を相手取り、苦しい訴訟を繰り広げる韓国人元慰安婦らが、「政府が直接関与してほしい」と訴える書簡を韓国大統領府に送った。

その他の写真

元慰安婦らは2013年8月、日本植民地時代に日本政府に強制的に連行されたとして、1人当たり1億ウォン(約1100万円)の損害賠償調停手続きを韓国の裁判所に申請した。しかし、日本政府は「韓国裁判所の権限は日本政府に及ばない」との立場を示し、書類などを送り返したという。

民事調停事件の代理人キム・ガンウォン弁護士は今月初め、朴槿恵(パク・クネ)大統領に5枚分の書簡を送った。書簡は「政府が事件に自発的に参加し、日本政府に出席と調停を提案すれば、日本は調停申込書受領を拒否できない」と主張し、「その時から韓国政府と被害者女性らは日本からの法的な責任認定や謝罪、損害賠償を受けることができる」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「韓国政府や国民は慰安婦問題に関心を持ち、もっと強硬に対応してほしい。安倍首相や日本の右翼団体は必ず罰を受けることになる」
「朴大統領の妹が、日本政府は謝罪しなくていいと言っているのに、政府が協力するわけない」

「謝罪することがそんなに難しいことなのか?」
「政府はもっと積極的に慰安婦被害者らを支援しなければならない。これは好意ではなく義務だ」
「過去の日韓協定で日本政府への請求権はすべて消滅した。慰安婦問題や強制徴用問題は韓国政府が賠償しなければならない問題なのに、いつまで知らないふりをする?」

「もうやめよう。植民地時代に苦しんだのは彼女たちだけじゃない。慰安婦は独立烈士なの?どうして政府が参加しなければならない?」
「韓国は輸出で成り立っている国。韓国政府は慰安婦問題を捨てて安倍首相と首脳会談をし、グローバルな時代に合わせて国を発展させるべき」(翻訳・編集/堂本

関連記事

元慰安婦ら、日本に賠償を求めて米裁判所に提訴へ「1日に50人の日本兵のために働かされた」=欧米ネット「彼女が真実を語っているとなぜ分かる?」

30日、英紙デイリー・メールは、韓国の元慰安婦ら12人が日本政府を相手取り、1600万ユーロ(約22億円)の損害賠償を求めて米裁判所に提訴すると報じた。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record china
2015年7月1日 11時9分
続きを読む

世界の韓流人気が急降下!「政策的支援が必要」=韓国ネット「韓流に頼るな」「日本の新大久保はどうしてあんなに…」

12日、韓国メディアによると、世界的に韓流の人気が急降下しているため、韓流ブーム持続に向けた政策的支援が必要だとの主張が提起された。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の韓流スターのグッズ売り場。

Record china
2015年8月12日 23時45分
続きを読む

韓国、植民地時代に奪われた日本人名義の土地を国有化へ=韓国ネット「でも韓国のトップはみんな親日」「毎年8月15日のイベントみたいなもの」

12日、韓国で戦時中などに不当に私有地化された日本人名義の土地について、国有化する「還収」作業が進められており、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は朝鮮半島地図。

Record china
2015年8月13日 6時31分
続きを読む

ロッテ会長、日韓ロッテ分離へ動き出す=「ロッテは日本企業のイメージが強すぎた」「まずは国民の反感を解消しないと」―韓国ネット

11日、韓国・ファイナンシャルニュースは、辛東彬ロッテグループ会長が、日本ロッテの支配を受けてきた韓国ロッテを分離するために動き出したと報じた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はソウルのロッテマート。

Record china
2015年8月13日 8時49分
続きを読む

韓国の元慰安婦「天皇が私を12歳に戻してくれたら許そう」=韓国ネット「それで許すとは、なんと寛大な」「天皇を連れて来て、まず謝罪を」

25日、韓国の元慰安婦らが日本政府や天皇の法的責任を求め国際訴訟を提起すると発表したことを受け、韓国メディアが元慰安婦へのインタビューを報じた。これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。写真は慰安婦像。

Record china
2015年6月26日 6時32分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング