Record China

ヘッドライン:

日本の侵略描いたTBSのスペシャルドラマ、中国メディアが「限界を突破した」と高評価=中国ネット「私たちにも見せて!」「日本人を恨まないで…」

配信日時:2015年8月12日(水) 8時33分
拡大
10日、網易新聞は、日本のTBSが今月1、2日に放送した特番「レッドクロス〜女たちの赤紙〜」で日本の中国侵略が描かれていたと伝えた。資料写真。
(1/2枚)

2015年8月10日、網易新聞は、日本のTBSが今月1、2日に2夜連続で放送したスペシャルドラマ「レッドクロス〜女たちの赤紙〜」で日本の中国侵略が描かれていたと伝えた。

その他の写真

このドラマは中国軍の負傷兵を治療する日本人看護師が主人公で、側面から日本の中国に対する侵略戦争を描いている。記事は、「一般的に日本の戦争ドラマは戦争被害者を強調したり、戦争の中の家族の情、愛情などを前面に押し出したりするが、このドラマはそれらとは異なっており、一定程度、同種の作品の限界を突破した」などと評価している。また、作中で「中国人の命は日本人と同じように尊い」「中国人だろうと日本人だろうと、命に差はない」などのセリフがあることも紹介している。

この報道に、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「中国の抗日ドラマより真実性がある」

「少なくとも日本のドラマでは八路軍は手で引き裂かれない」

「日本のドラマと中国の“神”ドラマ。これが差だろう」

「歴史歪曲の口実だろう」

「やっぱり手で鬼子を引き裂く方がおもしろい」

「CCTVはここ数日、しょっちゅう『国の敵を忘れるな』というCMを放送している」

「このドラマは素晴らしい」

「でも、中国の検閲は通らなかったな」

「CCTVは放送してくれ。中国人民にも見せてくれ」

「国民は頭から日本人を恨まないでほしい。庶民はみんな被害者なんだよ」

「実は中国も反省すべきところはあるんだよな」

「これが良いことの始まりになることを願う。戦後70年をきっかけに関係が改善してくれれば」

「外国の戦争映画は悲惨さに重点が置かれ、見た人に二度と戦争をしたくないと思わせる。国産の戦争映画は見た人に戦争をやり足りないと思わせる」(翻訳・編集/北田

関連記事

安倍談話に「侵略」「謝罪」入れるな!日本の団体が要求=「そんな考えでは永遠に嫌われ者だぞ」「確かに日本は過去に謝罪したが…」―韓国ネット

10日、韓国・聯合ニュースは、日本の団体が安倍晋三首相の戦後70年談話に「侵略」と「謝罪」などの文言を入れないよう要求したと報じた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は自民党ポスター。

Record China
2015年8月11日 13時14分
続きを読む

ランキング