Record China

ヘッドライン:

アジア諸国は中国に高い警戒心、中国がアジアのリーダーになる日ははるか遠い―英紙

配信日時:2015年8月19日(水) 13時54分
拡大
11日、英紙フィナンシャル・タイムズは中国が地域のリーダーになる日ははるか先だと伝えた。写真は中国地図。
(1/2枚)

2015年8月11日、英紙フィナンシャル・タイムズは「中国が地域のリーダーになる日ははるか先である」とする記事を掲載した。環球網が伝えた。

その他の写真

西側諸国の衰退はアジアの台頭を意味するものではない。かつては地域の結束力によってアジア諸国の多くが団結したが、国同士の競争の激化によってアジアの力は削がれていった。中国がアジアのリーダーになる道はまだまだ長い。日本は敵意を持ち、韓国は警戒し、東南アジアも敵意とはいわないまでも不安を抱いている。インドは海上戦力の増強に励み、マラッカ海峡以西での中国の活動に備えている。

中国にとっての「盟友」はパキスタン、北朝鮮だが、アジアのリーダーとなるには基礎が弱い。ロシアと親密な関係を築くことができたとしても、それは地域同盟というよりは西側の大国によるロシア封じ込めに対抗するための限定的戦術という方が適切であろう。歴史的にも、中ロにはずっと領土問題が存在してきた。

2015年、中国主導のアジアインフラ投資銀行が設立された。途上国の多くは歓迎したが、西側諸国主導の諸機関からは不満の声が上がった。だが、アジア人の多くは中国に地域リーダーの役割を期待しているのではなく、「一帯一路」構想の背後にある戦略的野心がビジネスの論理を上回るのかどうかを見極めたがっている。

現在、中国がアジアのリーダーとなることを食い止めようとしているのは、日本、オーストラリア、韓国、ベトナム、そしてインド、インドネシア、フィリピンなどである。これらの国々は、中国は潜在的な拡張主義者であると認識している。

アジア諸国は表だって中国に対抗しようとはしないが、内心では中国の「野心」を懸念している。そのため、これらの国は南シナ海での「主権」等を含む、実情にそぐわない中国の「復興の夢」を阻止しようとするだろう。各国の歴史観は異なっており、中国が簡単に地域のリーダーになることはない。情勢はしばらくはこのまま推移するであろう。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

もう終わっていた日本を再び台頭させたのは中国?=「中国は日本を完璧に抑えられる」「20年後に日本が残っているかどうか…」―中国ネット

10日、中国の掲示板サイトに、「日本はもう終わっていたのに、中国が日本を再び台頭させてしまった」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年8月17日 6時0分
続きを読む

日本企業の大規模なR&D、韓国企業の大きな脅威に=「韓国は永遠に日本のカモ」「日本は開発投資、韓国は崩壊へ」―韓国ネット

10日、韓国メディア・韓国経済は、日本の主要企業が研究開発に大規模な資金を投入している現状を伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はトヨタショールーム。

Record China
2015年8月14日 9時0分
続きを読む

「中国は漁民を海上民兵にしている」日本メディアの主張に専門家が反論=「日本人は堕ちたものだ」「善良な漁民を攻撃する言い訳」―中国ネット

11日、環球時報は、中国は漁民を海上民兵にして南シナ海戦略を進めていると日本メディアが主張していると報じた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の漁船。

Record China
2015年8月13日 8時14分
続きを読む

日本をよく知らない他学部の学生に、「日本人のどこが好きですか?」と聞いてみたら…―中国人学生

まもなく発表される安倍首相の戦後70年談話の内容と、それが日中関係にどのような影響を及ぼすのかにも注目が集まるところだ。上海交通大学の周燿琳さんは、「政冷経熱」とも言われる微妙な日中関係を「夫婦」に例えている。

日本僑報社
2015年8月8日 14時23分
続きを読む

ランキング