Record China

ヘッドライン:

北京冬季五輪の招致曲「レリゴー」パクリ疑惑に、韓国ネットも注目=「日本はマークを、中国は曲を…平昌五輪が一番クリーン」「いつものことでしょ」

配信日時:2015年8月6日(木) 23時6分
拡大
6日、2022年冬季五輪の開催地に決まった北京の招致ソングに、ディズニー映画「アナと雪の女王」主題歌からの盗作疑惑が持ち上がっていることについて、韓国でも関心が集まっている。写真は北京冬季五輪の開催地。
(1/2枚)

2015年8月6日、韓国・聯合ニュースは、2022年冬季五輪の開催地に決まった北京の招致ソングについて、ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌の盗作疑惑が浮上していると報じた。

その他の写真

盗作疑惑が持ち上がっているのは、招致ソングのうち「氷雪舞動」という曲。発表されるや否や、インターネット上などで、映画主題歌の「レット・イット・ゴー」に似ているとの声が相次いだ。問題が広がったことで、中国のあるメディアが、2つの曲を技術的に比較した結果、「メーンの伴奏部分にピアノを使っていること、導入部の和音進行やリズムが同じであること」から、「似ているように聞こえる」と主張するなどしている。

「しかしこれには、中国のネットユーザーからもため息が漏れ聞こえる」と記事は伝えており、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「さすが中国人」

「疑惑じゃなくて、盗作でしょ」

「いや、盗作とも言えない。まさにそのものでしょ」

「おまえたちの偽物はどこまで行くんだ?すごいね」

「盗作するにしても、もうちょっとマイナーなのにすれば?『レット・イット・ゴー』は全世界で知られてるよ」

「人口は10億を超えてるのに、招致曲一つ作れる頭はないのか?」

「大陸の国家広報。『中国は何でも模倣可能です!』」

「いつものことでしょ」

「他の国がやったら盗作だけど、中国がやったら日常」

「日本はシンボルマークをパクって、中国は招致曲をパクって…。平昌が一番クリーンだ」

パクリのルートは米国>日本>韓国>中国だったけど、最近はネットの発達で中間を省いて米国の物が直接パクられている」

「7歳の息子も聞いた瞬間に『アナ雪の歌?』って言った。本当に似てるんだね」(翻訳・編集/和氣)

関連記事

東京五輪の公式エンブレム、制作者が盗作疑惑を否定=欧米ネット「似ているのではなく、そっくり」「オリンピックなんてすぐに忘れられる」

5日、AP通信によると、2020年東京五輪の公式エンブレムを制作したアートディレクターの佐野研二郎氏は5日、東京都内で記者会見し、盗作疑惑を否定した。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

Record China
2015年8月6日 8時51分
続きを読む

<東京五輪エンブレム>IOC副会長「問題ない」、作者の佐野氏「海外作品、全く知らない」=デザイン盗作報道に韓国ネットは「理解不能」と失笑

2日、中国日報網は、国際オリンピック委員会のジョン・コーツ副会長が東京五輪のエンブレム盗作疑惑に対し「問題ない」との見解を示したとの報道に、韓国のネットユーザーがやゆするコメントを寄せていると報じた。写真は東京五輪エンブレム。

Record China
2015年8月3日 10時25分
続きを読む

東京五輪エンブレム、スペインのデザイン配色パクリ疑惑も浮上、本当に「問題ない」?=中国ネット「その考え方に問題あり」「日本は中国を超えた…」

30日、東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場のロゴに酷似しているとの指摘を受けた問題で、大会組織委員会は「問題ない」との認識を示した。これに、中国のネットユーザーも関心を示している。写真は東京の五輪招致を祝うポスター。

Record China
2015年7月30日 15時51分
続きを読む

ランキング