Record China

ヘッドライン:

<日本人が知らない韓国>土用の丑の日、韓国人が夏バテ防止に食べるのはうなぎではなく…

配信日時:2015年8月5日(水) 16時16分
拡大
韓国でも夏バテに効くとされる食事があるが、日本のようにうなぎではない。韓国でうなぎの代わりになるのが参鶏湯だ。
(1/3枚)

うだるような夏の暑さの中、最近はエアコンが欠かせなくなってしまったが、昔から夏バテ防止に良いとされる食事がある。日本では土用の丑の日に食べるうなぎが有名だ。韓国でもうなぎは食べるが、日本のように夏バテ防止といった意味はないようだ。韓国でうなぎの代わりになるのが参鶏湯(サムゲタン)だ。

その他の写真

サムゲタンはひな鶏より少し大き目の若鶏の内臓を取り出し、その中にもち米、ニンニク、ナツメ、高麗人参などを入れて、水を十分に注いだ石鍋などで煮て作る。韓国でサムゲタンは非常にポピュラーな食べ物で、専門店もよく目にするし、1年中食べることができるが、夏場には特別な意味を持っており、三伏(夏の最も暑い時期)の日に食べると夏バテしないと言われている。

私も三伏が近くなると「サムゲタンを食べねば」という気になり、お店に吸い込まれていくのだが、注文は至って簡単で、大抵の場合店に入るなり「1つ」「2つ」のように人数分の数を告げるだけで済む。お店には他のメニューもあるのになぜこれで通じるのか?この辺はおおらかな感じだ。

数を告げてしばらくするとサムゲタンが運ばれてくるが、ショットグラス1杯分ほどの高麗人参酒が付いてくるお店が結構ある。焼酎ベースなので25度前後はあるはずだが、自動車で来ている人にも差別なく(?)一様にサービスされる。量が少ないから食事が終わるまでに酔いがさめるのだろう(か?)。

■筆者プロフィール:水田尊久

兵庫県出身。2000年に訪韓し、現地企業で勤務した後、2013年に独立。日韓企業協業支援、韓国進出支援、市場調査など、韓国を中心に活動している。

関連記事

ランキング