中国のガソリン価格は半分が税金?=中国ネットは激怒!「税収は欧州に学び福祉はアフリカに学ぶのか」「この恥知らずめ」

配信日時:2015年8月3日(月) 19時52分
中国のガソリン価格は半分が税金?=中国ネットは激怒!「税収は欧州に学び福祉はアフリカに学ぶのか」「この恥知らずめ」
画像ID  478942
30日、中国メディアの21世紀経済報道は世界各国の7月のガソリン価格について伝える記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2015年7月30日、中国メディアの21世紀経済報道は世界各国の7月のガソリン価格について伝える記事を掲載した。

その他の写真

21世紀経済報道によると、7月の中国のガソリン価格は1リットル当たり1.11ドル(約137円)で日本の1.12ドル(約139円)より安かった。ガソリン価格に占める税金の割合は、中国が50%であるのに対し、米国は15%、英国59%、ドイツ56%、韓国52%、日本41%だった。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「税収は欧州に学び、福祉はアフリカに学ぶのか」
「税金は高いのに福祉は極めて少ない。そして高速道路が有料」
「税収入はどこに行ってしまうのだ?公表できるのかな?」

「これに通行費を加えたら、中国の税収は間違いなく世界一だな」
「税収はどこに使われているのだ?説明できる人はいるか?はっきり説明できたら、高速道路は無料になっていたはずだ」

「税金を含まなければ中国人は最も幸福。民衆を含まなければ中国人は最も富裕」
「世界で一番高くはないと言うだけで、よく恥ずかしげもなくこんなデータを出せるな。俺たちの収入と外国の収入を比較してみろよ」

「収入は発展途上国なのに、消費は先進国並みなのかよ」
「まずは収入を比較しろよ。収入に対するガソリン支出の割合を出すべきだ」
「この恥知らずめ!」(翻訳・編集/山中)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事