Record China

ヘッドライン:

抗日“神”ドラマに新作!満州国皇帝の「委任状」が爆笑を誘う=「日本人もこれ見たら笑うわ」「日本人ってこんなに謙虚だっけ?」―中国ネット

配信日時:2015年7月31日(金) 1時12分
拡大
30日、中国で新たな抗日“神”ドラマが登場し、話題になっている。
(1/2枚)

2015年7月30日、鳳凰網によると、中国で新たな抗日“神”ドラマが登場し、話題になっている。

その他の写真

これまでにも、ありえない設定やセリフでネットを沸かせてきた抗日“神”ドラマだが、今回、問題となったのは、ドラマ「東北抗日聯軍」に登場する満州国皇帝が少将に授けた委任状。この委任状には、なんと「偽満州国」の印章が押されているのだ。日本人が「偽」を自称していたというありえない状況に、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には多数のコメントが書き込まれている。

「ははは、おもしろ過ぎる」

「これでこそ“神”ドラマ」

「日本人もこれ見たら笑うだろうね」

「学がないって怖いね」

「日本人ってこんなに謙虚だっけ?」

「はは。当時の日本人は自分たちのことをよくわかってたってことかな」

「小道具も歴史を勉強しろよ。当時は“偽”の文字はなかったし、残りの3文字も位置がおかしい。まったくいいかげんだな」

「こういうドラマは歴史を愚弄し、国民を侮辱している」

「こんなごみドラマを制作するのに、毎年どれだけの金が使われているのか…」

「検閲を通すためだろ。制作者の苦労を知らないのか?」

「親父は毎日見てるよ」

「これって視聴率を上げるための新しい方法?」(翻訳・編集/北田

関連記事

ランキング