中国版「孤独のグルメ」のウィンストン・チャオ、体重増加も美食はやめず―中国

Record China    2015年7月22日(水) 23時50分

拡大

21日、中国版「孤独のグルメ」で主人公を演じる俳優ウィンストン・チャオが、ドラマについて語った。

(1 / 2 枚)

2015年7月21日、中国版「孤独のグルメ」で主人公を演じる俳優ウィンストン・チャオ(趙文[王宣])が、ドラマについて語った。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

人気コミック「孤独のグルメ」を映像化した中国版「孤独的美食家」は、台湾を舞台にしたドラマ。松重豊が主演する日本のドラマが、中国や台湾でも絶大な人気を得ているため、すでに配信スタートした「孤独的美食家」も熱い注目を浴びている。

主人公の井之頭五郎を演じたのは、台湾の俳優ウィンストン・チャオ。アン・リー(李安)監督「ウェディングバンケット」をはじめ「宋家の三姉妹」や「1911」など数々の映画で知られる。「孤独的美食家」の撮影期間には、体重が3〜4キロ増えたというが、グルメを堪能する癖がついてしまったせいか、「食事制限はしない」と豪語。運動量を増やすことで、体重を戻すつもりだという。

「孤独のグルメ」というタイトルについては、「孤独な人は誰でもグルメになる」と含蓄のある言葉も口にしている。ある程度、世俗を離れて自分だけの空間を持ち、質の高い生活を考える人なら、誰でも美食に関心を持つという。55歳の現在も独身のウィンストン・チャオならではの言葉となっている。

「孤独的美食家」については、日本のドラマとは「テイストが違う」と視聴者から不満の声も聞かれている。これについてウィンストン・チャオは、ドラマではなく、あくまで原作コミックに従って製作したものなので、「日本版とは違いが出てくる」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携