中国人観光客の訪日ツアー、「日本にだってコピー商品はある!」と注意呼び掛けるガイドも―中国紙

Record China    2015年7月21日(火) 12時53分

拡大

20日、環球時報は、中国人観光客の日本旅行ブームが巻き起こる中、ツアーガイドが予定を突然変更するなどの問題が数多く発生していると報じた。写真は東京の中国人観光客。

(1 / 2 枚)

2015年7月20日、環球時報は、中国人観光客の日本旅行ブームが巻き起こる中、ツアーガイドが予定を突然変更するなどの問題が数多く発生していると報じた。

その他の写真

実際にツアーに参加した記者によると、6日間の日程のうち、ほぼ2日間を空港や機内で費やした。また、旅行会社がコストを抑えようと交通に不便な場所にあるホテルを用意したため、観光客らは移動の車内で多くの時間を過ごすなど、記者は「実際に観光を楽しむ時間はごくわずかだった」と指摘している。

この一方で、観光バスの運転手については「好印象を持った」と評価。運転手は、台湾出身のガイドが勝手に予定を変更したことや日本語でうまくコミュニケーションが取れなかった点、案内したレストランが同じ台湾出身者が経営するレストランだったことを問題として指摘し、「中国人観光客による訪日旅行の増加で、台湾と中国のガイドによる縄張り争いが起きている」と説明した。

さらに、中国人観光客の「爆買い」は有名だが、実際に自分に合うかどうかは考えず、国内での宣伝に乗せられて購入してしまったりする例も多く、「日本にも偽物やコピー商品はある」と注意を呼び掛けるツアーガイドもいる。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携