芸能界で「卵子保存」が流行?シュー・ジンレイが告白、リン・チーリンにうわさも―台湾紙

Record China    2015年7月21日(火) 16時34分

拡大

20日、中国の女優シュー・ジンレイが卵子の凍結保存を明らかにしたことが話題に。これまで多くの女性タレントが保存を表明、または保存の意思があると報じられてきた。写真はシュー・ジンレイ。

(1 / 2 枚)

2015年7月20日、中国の女優シュー・ジンレイ(徐静蕾)が卵子の凍結保存を明らかにしたことが話題に。これまで多くの女性タレントが保存を表明、または保存の意思があると報じられてきた。聯合報が伝えた。

その他の写真

チャン・ツィイー(章子怡)らと並び「若手4大女優」の1人に数えられてきたシュー・ジンレイ。映画監督としても活躍し、マルチな才能を発揮している。このほど雑誌インタビューで、39歳だった2年前、米国で9つの卵子を採取したことを明らかにして話題に。現在、特に出産を望んでいるわけではないが、「考えが変わった時に後悔しないため」と理由を語りつつ、39歳での決断は「遅かった」とも話している。

これまで中国の女優イエ・シュエン(葉[方旋])や、台湾のモデルのシャティナ・チェン(陳思[王旋])らが、卵子の凍結保存を明らかにしている。女優のリン・チーリン(林志玲)は昨年、9個の卵子を採取したと報じられたが、肯定も否定もしない態度を見せている。

このほか、ルビー・リン(林心如)やアン・アン(安以軒)、ジョー・チェン(陳喬恩)、香港の歌手ビビアン・チョウ(周慧敏)らが、卵子の保存を考えていると報道されている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携