Record China

ヘッドライン:

中国当局、大量のドル売りで人民元相場下支え―中国メディア

配信日時:2015年7月21日(火) 23時32分
拡大
20日、参考消息網によると、中国人民銀行(中央銀行)は最近、人民元相場下支えのため、大量のドル売りを行っているとみられる。
(1/2枚)

2015年7月20日、参考消息網によると、中国人民銀行(中央銀行)は最近、人民元相場下支えのため、大量のドル売りを行っているとみられる。

その他の写真

人民銀は14日、中国からの資本流出に歯止めがかかったと発表した。国際通貨基金(IMF)の最近のデータによると、今年第1四半期の外貨準備高は1130億ドル(約2兆2600億円)の減少にとどまった。しかし、金融当局の大量のドル売りによる代償も予測される。アナリストの1人は、人民銀による元相場下支えで、投資家の意欲と資金が中国を離れつつあると指摘する。

さらに、中国当局が介入をやめ、元相場が下がった場合、中国が目標とする人民元のIMF「構成通貨」化への黄信号にもなりかねない。大幅にレートが下がった場合、米国などの不満が高まる可能性は否定できず、外国企業や投資家の人民元離れが加速化する恐れもある。(翻訳・編集/大宮)

関連記事

人民元がついに国際通貨に?人民元を法定通貨として採用する国の登場に「人民元を使う国が増えていくだろう」「レジが大変そう」―中国ネット

10日、観察者網はジンバブエ・メディアの記事を引用し、ジンバブエでは破綻した自国通貨に代わり、人民元を法定通貨として採用すると伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はジンバブエ・ドル紙幣。

Record China
2015年7月14日 6時59分
続きを読む

ランキング