Record China

ヘッドライン:

ゲテモノ好きの中国人、一番は「何でも食べる」広東人ではなかった―中国メディア

配信日時:2015年7月17日(金) 7時2分
拡大
16日、中国では「広東の人はなんでも食べてしまう」と言われている。写真は広東料理。
(1/6枚)

2015年7月16日、中国では「広東の人はなんでも食べてしまう」と言われている。しかし、ニュースアプリ「今日頭条」が14日に同省広州市で発表したユーザーの閲読傾向を示すビッグデータによると、広東の人よりも重慶の人の方が「ゲテモノ」に注目していることが分かった。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

広東料理は中国四大料理系統の1つで、 広東の人はグルメ家で知られる。広東料理は、大きく分けて広州料理、潮州料理、東江料理があり、最も代表的なのが広州料理。料理方法も、炒める、焼く、揚げる、煮込むなどさまざまで、色、香り、味、形にこだわる。

統計によると、広東の人のほか、上海や広西チワン族自治区、北京などの地域の人も広東省の美食に注目している。中国全土を見ると、女性より男性のほうが、広東省の美食に関する情報を見るのが好きだ。年齢別に見ると、広東省の美食に最も注目しているのは18-30歳。中国全土で最も人気がある広東省の点心は、エビ餃子。

「広東の人は何でも食べてしまう」と言われるのにも理由があるが、統計によると、中国全土で最も「ゲテモノ」に注目しているのは重慶の人々。蛇やカイコのさなぎ、バロット(孵化直前のアヒルの卵)が最も人気だ。その次が広東の人々。蛇やカイコのさなぎのほか、カエルなども好きだ。その他、吉林省や雲南省、湖南省、福建省、四川省、広西チワン族自治区、貴州省、江西省などの人も、「ゲテモノ好き」ランキングに名前を連ねている。

統計は、「今日頭条」のユーザー2億7000万人のうち、1日当たり2500万人のアクティブユーザーの閲読データをまとめたもの。広東省の1日当たりのアクティブユーザーは約300万人。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)

関連記事

「韓国は犬食文化をやめろ!」ニューヨークで抗議デモ=韓国ネット「安倍首相がデモ隊を金で雇ったのでは?」「中国には何も言えないくせに…」

14日、米ニューヨークの中心街で13日(現地時間)、犬肉を食べる韓国の食文化に抗議するデモが行われたと韓国メディアが伝えた。これについて、韓国のネットユーザーからは反発の声が多く寄せられている。写真は中国の犬肉料理。

Record China
2015年7月14日 21時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング