Record China

ヘッドライン:

南シナ海、比海軍が兵士常駐の座礁船を修理=領有権めぐり対立する中国ネットは反発「怒りが増す」「中国も廃棄船を座礁させろ」「遠慮せず破壊」

配信日時:2015年7月16日(木) 5時32分
拡大
14日、フィリピン海軍報道官は中国などと領有権をめぐり対立する南シナ海のセカンド・トーマス礁に座礁させている船の修理を行っていると明らかにした。この話題について、中国のネット上では反発の声が多く寄せられている。資料写真。
(1/2枚)

2015年7月14日、フィリピン海軍報道官は中国などと領有権をめぐり対立する南シナ海のセカンド・トーマス礁(中国名:仁愛礁)に座礁させている船の修理を行っていると明らかにした。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

報道によると、フィリピンは1999年5月、「技術的な故障」を口実に意図的に座礁させた同船に兵士を常駐させ、セカンド・トーマス礁を実効支配している。中国の抗議を受け、比側は同船の撤去を約束したが、15年たった今でも実現されていない。

ロイター通信は比海軍関係者の話として、海軍が昨年末から漁船や小型船などでセメントなどの物資を同船に運び、年初から船体を安定させるための修理を開始したと伝えていた。

比海軍の報道官は14日、「海軍が同船に行っているのは小規模な修理であり、常駐兵士の世話や管理に必要な措置だ」と述べるにとどまり、具体的な作業内容は明らかにしなかった。

この話題について、中国のネット上には「このニュースを見るたびに怒りが増す」「中国も廃棄船を10隻、20隻座礁させろ」「領有権はこちらにあるのだから遠慮はいらない。フィリピンが撤去に応じないなら破壊してしまえ」「中国海軍は張り子の虎であってはならない」などと、反発の声が多く寄せられている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

フィリピン、独立記念日に南シナ海問題のドキュメンタリー放送=中国メディア「反中感情あおる」と報じる―中国メディア

12日、フィリピン独立117周年の記念日に合わせ、現地テレビ局は「海洋権益」と題した22分間のドキュメンタリーを放送、南シナ海での中国の活動がフィリピンの国民に与える経済的影響を伝えた。写真はフィリピンの地図。

Record China
2015年6月16日 8時44分
続きを読む

フィリピン軍補給船、南シナ海の駐屯兵にギター届ける=中国監視船が追跡も妨害なし―比メディア

11日、フィリピンメディアは、同国が実効支配し、中国などが主権を主張している南シナ海のアユンギン礁の駐屯地へ、同国海軍の補給船が、中国監視船の追跡を受けたものの、補給物資を無事送り届けたと報じた。写真はアユンギン礁(仁愛礁)の位置。

Record China
2015年3月13日 13時58分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング