ギリシャで相次ぐ社会福祉詐欺、失明と偽り補助金をだまし取る=米紙元記者が暴露「国民が一丸となって国家を食いつぶした」―香港紙

配信日時:2015年7月15日(水) 11時26分
ギリシャで相次ぐ社会福祉詐欺、失明と偽り補助金をだまし取る=米紙元記者が暴露「国民が一丸となって国家を食いつぶした」―香港紙
画像ID  476267
13日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの元記者が新書「大災禍・ギリシャの新しい廃墟を歩いて」を出版し、ギリシャの知られざる一面を暴露している。
2015年7月13日、香港紙・文匯報によると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの元記者が新書「大災禍・ギリシャの新しい廃墟を歩いて」を出版し、ギリシャの知られざる一面を暴露した。環球時報(電子版)が伝えた。

その他の写真

同書は「ギリシャ人が皆一丸となって国家を食いつぶした」と指摘し、ギリシャ人がさまざまな手段で公金をだまし取っていると暴露。例えば、ザキントス島の視力正常者500人が長年にわたり衛生当局から失明補助金を取得していたり、8500人もの退職者が100歳を超えていると偽って通常より多い福利厚生を得ていたり、中には家族がすでに他界しているにもかかわらず申告せず、退職金を継続して受け取っているケースもある。

14年、欧州連合(EU)は、ギリシャ政府が毎年未徴収の消費税は100億ユーロ(約1兆3500億円)を超えると指摘している。(翻訳・編集/霧島)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事