朝鮮人強制労働の証拠を日本で発見?「脱出を防ぐために板塀を」の記述=韓国ネット「強制徴用の生存者は証言を!」「合理的な植民地支配などない」

配信日時:2015年7月13日(月) 18時7分
朝鮮人強制労働の証拠を日本で発見?「脱出を防ぐために板塀を」の記述=韓国ネット「強制徴用の生存者は証言を!」「合理的な植民地支配などない」
画像ID  476194
12日、韓国・聯合ニュースは、世界遺産登録された日本の近代産業施設の炭鉱で、朝鮮人たちの脱出を防ぐ目的のために構造物を立てたという記録が発見されたと報じた。資料写真。
2015年7月12日、韓国・聯合ニュースは、世界遺産登録された日本の近代産業施設の炭鉱で、朝鮮人たちの脱出を防ぐ目的のために構造物を立てたという記録が発見されたと報じた。

その他の写真

記事は、日本近代産業施設のユネスコ世界遺産登録決定文に反映された朝鮮人強制労働(forced to work)について、日本側が「強制労働を認めたものではない」と言葉を変える行動に出た中で、当時の日本の炭鉱で朝鮮人たちの脱出を防ぐ目的のために構造物を立てたという記録が発見されたと伝えた。

歴史学者の金文吉(キム・ムンギル)日韓文化研究所長(釜山外国語大学名誉教授)は11日、三菱が運営してきた福岡県の三井山野炭鉱の物資明細書を日本の博物館で入手し、聯合ニュースに公開した。用途を「半島人合宿所」と明記した計3枚組の書類には、工作物の規模や構造項目に「半島人が逃げるのを防ぐために合宿(小)の周囲に高さ7尺(約90センチ)、延長140間(約2.55メートル)の板塀を新築するように」と明示している。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「こんな状態で、我々が日本と親しくしたいわけがないだろう。米国が中国をけん制するために日本と親しくするよう強制するから仕方なく付き合っているだけだ」
「日本は最終的に天罰を受けるぞ」
「そこに行ってきた強制徴用の生存者は一人もいないのか?生存しているお年寄りの証言を公開しよう」

「強制徴用当時の日記帳などの探索運動を全国で一斉に実施しよう」
「もう終わった話だ。朴正煕(パク・チョンヒ)が日本から勝手に補償金を受けとって、勝手に別の用途に使ってしまった」
「日本がやったことを、私たちは決して忘れない」

「古今東西、合理的な植民地支配という言葉はない。強制的に合併して強制的に徴用して、強制労働させるのだ。すべてが強制的という言葉が共通に入るものだ」
「韓国と中国が勘違いしていることがある。日本に間違いを認めて謝罪せよとしきりに言っているが、これは日本を説得する問題ではなく、米国と欧州を説得する問題なのだ。欧米がその気になったら日本は従う。強制徴用の問題も同じだ」

「労働環境は劣悪な状況だったと思うが、強制的に労働させた証拠にはなっていない」
「朝鮮人ではなく、半島人となっているから、朝鮮半島に住む日本人、すなわち本土と同じ日本人扱いしたということになるのに、これも都合の良いように解釈しているようだ」(翻訳・編集/三田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事