残留孤児が訪中、育ての親に感謝の思い伝える=「中国と日本への思い、比べられない」―中国メディア

配信日時:2015年7月14日(火) 5時14分
残留孤児が訪中、育ての親に感謝の思い伝える=「中国と日本への思い、比べられない」―中国メディア
画像ID  476104
11日、戦後中国に取り残され、中国人に育てられた中国残留孤児とその家族が、6年ぶりに訪中し、黒竜江省のハルビンを訪問した。写真は訪中団。
2015年7月11日、戦後中国に取り残され、中国人に育てられた中国残留孤児とその家族が、6年ぶりに訪中し、黒竜江省のハルビンを訪問した。中国中央テレビが伝えた。

その他の写真

残留孤児本人は多くが高齢になっているため、主に参加したのはその子女たちで、親たちに替わって中国の家族に感謝を伝えるために中国を訪れた。面会の会場では、『中国の母』と題された参加者による舞台劇も披露された。

残留孤児の高橋さんは、「中国の東北地方の歌が好きで、いろんな歌が歌える。日本の曲は1、2曲しか知らない。中国への思いと日本への思いは到底比べることができない」と語った。

1936年から、開拓団として30万人以上が旧満州に移民し、敗戦に伴う撤退の中で5000人以上の子どもが中国に取り残された。9割が東北地方に集中しており、当時13歳だった人や、生まれて間もない頃に孤児になってしまった人もいる。そのうち4000人以上が中国人に引き取られ、養育された。1972年の国交正常化後、約3000人が日本に帰国している。帰国後も中国の養父母とは連絡を取り続け、彼らの絆は日中友好の生き証人だと言われている。

2009年にも57人のメンバーからなる訪問団が訪中し、感謝の思いを伝えている。孤児たちは日本でもさまざまな活動に取り組み、日中友好を訴えている。自身の経験を語ることで、戦争の恐ろしさ、平和の大切さ、愛の尊さを伝えるためだという。(翻訳・編集/岡本悠馬)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事