Record China

ヘッドライン:

韓国のおとな世代に広まる「おもちゃ文化」=韓国ネット「個人の趣味」「とやかく言われる筋合いはない」

配信日時:2015年7月11日(土) 1時29分
拡大
9日、韓国・聯合ニュースは、おもちゃで遊ぶ「分別のない20代」として見られていたKidult族が30〜40代になり、その市場が拡大していると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は韓国。
(1/2枚)

2015年7月9日、韓国・聯合ニュースは、おもちゃで遊ぶ「分別のない」大人として見られていた20代・Kidult(Kid Adult)族が30〜40代になり、その市場が拡大傾向にあると報じた。

その他の写真

Kidultとは、子ども(kid)と成人(adult)の合成語で、大人が幼少期のおもちゃなどの郷愁を求める消費性向を指す。韓国では「アベンジャース」「ジュラシックワールド」などのSFやヒーローもののプラモデル、フィギュア、キャラクターグッズが大人からの人気を集めている。韓国のインターネットショッピングサイト「オークション」によると、今年1月1日から7月7日までのプラモデル、フィギュア、キャラクターグッズの販売は、前年同期に比べて156%増加した。

購入者の年齢別の割合を見ると、40代が43%で最も高く、30代が42%。20代は7%にすぎない。オークションによると、ドローンも需要が伸びており、最近1カ月間のドローンの販売は前年同期に比べて911%増加した。オークション関係者は、「家の中でロボットやフィギュアを組み立てて、キャラクターの人形を集めるレベルから抜け出し、屋外でドローンを飛ばしたり、グループで一緒に楽しんだりと、Kidult文化が多様化している」と指摘した。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「こんな状態だと、文化の発展はないな」

「成人向け動画の観賞が趣味である私は、遅れているのか?」

「先進国型の趣味に変わっているという証拠だ。飲酒やカラオケが趣味だった今までが、後進国型だったんだ」

「ドローンを単におもちゃで片付けるなんて。韓国メディアは本当に時代を読めてないな」

「30〜40代でも趣味があるのは良いことだ。特に趣味もなく、酒と女にカネを使うより、よっぽどましだ」

「個人の趣味を批判的に書かれるのはちょっと心外だ」

「自分の趣味を卑下する必要はない。2次会に行って酒を飲むのも、カジノに行くのも、みんなそれぞれの好みだ」

「『分別がない』の基準は?自分のカネで自分の好きなことをするのに、とやかく言われる筋合いはない」(翻訳・編集/三田)

関連記事

韓国で日本のアニメ「妖怪ウォッチ」が大人気、韓国の親もヘトヘト=「日本は嫌韓だってのに…」「子どもが喜ぶなら幸せ」―韓国ネット

1日、韓国のテレビ局SBSは、子供の日のプレゼントを買うために両親が長い列に並ぶ様子を伝えた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は妖怪ウォッチの食器。

Record China
2015年5月5日 1時6分
続きを読む

日本製品ボイコットを叫んでいる人に聞きたい、「ホテルのトイレでTOTOの便器を見たら用を足さないのか」と―中国ネット

24日、中国メディア・網易に「至るところにある“日本製”」と題する記事が掲載され、中国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は2012年9月、四川省で起きた反日デモで掲げられた日本製品ボイコットの横断幕。

Record China
2015年3月25日 11時55分
続きを読む

ランキング