Record China

ヘッドライン:

実は日本人が発明していた10の製品―中国ネット

配信日時:2015年7月10日(金) 1時44分
拡大
1/3枚
2015年7月9日、中国のインターネット上に、「これらは日本人が発明したものだったなんて、夢にも思わなかった」と題する文章が掲載された。

その他の写真

文章は、「日本の技術力や創造力は世界でも有名。日本人が発明した多くのものは、その業界のスタンダードになっている。これは日本人の細かいところにこだわる性格と密接に関係している」とし、日本人の「10大発明」を紹介している。

1.インスタント麺
1958年に日清食品の創始者・安藤百福が発明したと言われている。諸説あるようだが、いずれにしても日本人が発明した世界に名高い食品だ。

2.青色LED
日本人の赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏によって青色LEDが開発され、光の3原色がそろった。3人はノーベル賞を受賞し、日本人にとって間違いなく誇らしい発明となった。

3.温水洗浄便座
米国で医療用に開発されたのが始まりと言われるが、それを高性能・多機能化させたのは日本。1967年に伊奈製陶が国産化し、現在の日本の普及率は70%。中国人観光客にも人気。

4.自動改札機
地下鉄などで毎日お世話になっている。鉄道会社のコストを大幅に削減した。

5.カラオケ
世界の新たな社交モデルを確立したと言っていい。

6.レトルトカレー
家庭用レトルト食品の始まりは、1969年に大塚食品が発売したカレー。日本人はカレーが大好き。

7.乾電池
日本人の屋井先蔵が1887年に発明したと言われている。

8.電気炊飯器
中国人観光客にはすっかりおなじみの日本土産。1955年、「光伸社」の三並義忠氏が発明したと言われている。

9.胃カメラ
胃カメラは嫌いな人も多いだろうが、間違いなく医学史の大きな進歩である。発明したのは杉浦睦夫氏。

10.シャープペンシル
実用化したのは「シャープ」の創設者・早川徳次氏だと言われている。(翻訳・編集/北田

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング