ギリシャ公使「ギリシャは青空の国」と中国人に投資移民をアピール=中国ネット「国は借金まみれだが…」「経済が立ち直ったら追い出すだろ?」

配信日時:2015年7月9日(木) 8時45分
ギリシャ公使「ギリシャは青空の国」と中国人に投資移民をアピール=中国ネット「国は借金まみれだが…」「経済が立ち直ったら追い出すだろ?」
画像ID  475465
7日、京華時報は、中国にあるギリシャ大使館の公使が中国人にギリシャへの不動産投資を呼び掛けたと伝えた。この報道に中国のネットユーザーが反応を示している。写真はギリシャ。
2015年7月7日、京華時報は、中国にあるギリシャ大使館の公使が中国人にギリシャへの不動産投資を呼び掛けたと伝えた。この報道に中国のネットユーザーが反応を示している。

その他の写真

報道によると、投資を呼び込むためにギリシャは数々の優遇策を打ち出しており、最近は「25万ユーロ(約3400万円)でギリシャに移民を」とうたった政策が人々の話題となった。ギリシャに25万ユーロ以上の不動産を購入すれば5年間の長期滞在を認めるというもので、所有権を持っていれば5年後にこれを更新することができる。今回、帯同者に関する制限が緩和される可能性が浮上しており、同公使は「新政策が実現するかどうかは今のところ不透明」としながらも、「ギリシャは1年のうち、300日以上が青空の広がる国。中国の皆さんの不動産投資を歓迎する」としている。また、「欧州においてギリシャの掲げる投資移民のハードルは十分に低い」と説明した。

中国で欧州への投資移民サービスを手がける組織の責任者は「ギリシャの債務危機以降、供給が需要を超えているというのが実感」「ギリシャの唯一の魅力はコストが安いという点」と話す。中国でギリシャへの投資移民を考えている人が今は新政策の実施を待っている状態ともみられており、この報道に対し、中国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「他人から借りたお金を返さないということがまかり通る国だろ。こんな国、誰が行くんだ?」
「国民の銀行預金の引き出しまで制限するような国なのに」
「しかし、ギリシャの退職金や社会保障は欧州連合(EU)の中で最高だ」
「国は借金まみれだが、一般市民は良い生活を送っているよ」
「空気がきれい、食べ物がおいしい、社会保障が充実している。これで十分だ」

「25万ユーロ?日本に投資移民した方が安上がりなのではないだろうか」
「ギリシャがEUを脱退すれば、ギリシャには何の価値もない」
「今は中国人を歓迎しているけど経済が復活したら追い出すと思う」

「ギリシャの面積は中国の浙江省より3割広い程度。しかし、経済力は杭州(浙江省の省都)を少し上回るくらい。ギリシャは堕落した国だ。こんな国、行きたい人だけ行けばいい」
「ギリシャの幸せな時代はもう終わったよ。今は借金を返す時」
「ギリシャに移民したら、ギリシャを踏み台に米国に行くことはできるのだろうか」(翻訳・編集/野谷
最新ニュースはこちら

SNS話題記事