広島原爆の日、カープ選手が平和伝える特別ユニホームを着用へ=韓国ネット「日本はいつも被害者のふりをする」「日本には平和を論じる資格はない」

Record China    2015年7月8日(水) 2時58分

拡大

7日、プロ野球・広島東洋カープが、原爆投下から70年となる8月6日の試合で、選手や監督ら全員が平和の意味を込めたユニホームを着ることが分かった。これについて、韓国ネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。写真は広島の原爆ドーム周辺。

(1 / 2 枚)

2015年7月7日、韓国・聯合ニュースによると、プロ野球・広島東洋カープが6日、原爆投下から70年となる8月6日の阪神戦で、選手や監督ら全員が平和のメッセージを込めたユニホームを着ると発表した。

その他の写真

8月6日は本拠地マツダスタジアムでの試合予定。今回特別に作られたユニホームには、胸に赤文字で「PEACE(平和)」、背中には選手名の代わりに「HIROSHIMA」の文字が記されている。また、背番号は全員が「86」番だ。

会見にはエースの前田健太投手がユニホーム姿で参加、「野球を通じて、忘れてはいけないという思いを全国の皆さんに伝えたい」と話した。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「平和のユニホームだって?今も日本は戦争への不安を助長しているくせに!」

「こういう物は、被爆の日ではなくて自分たちが戦争を起こした日に着るべきだ」

「こんなユニホームを作る前に、過去にしでかした過ちを反省するべきだ。国際社会を掌握しようとしている日本こそ、平和を論じる資格はない」

「また被害者のコスプレが始まった。自分たちの行為は否定して、いつも被害者のふりをする」

「過去の清算は知らんぷりで一貫しているやつらが、一方で平和をうんぬんするのは矛盾している」

「平和という言葉は、おまえたちが使う言葉じゃない」

「平和をそんなに愛していながら、なぜうら若き乙女を捕まえて性奴隷にしたんだ?」

「前に見たドキュメンタリーによると、原爆投下の後処理に韓国人が強制労働させられたらしい」

「なぜ悪口を言うんだ?そもそもこの人たちは野球チームに過ぎず、心から平和を願っているのかもしれない。それに、国民は被害者に違いないよ」(翻訳・編集/和氣)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携