東京渋谷で「フリーハグ」、日中の若者が友好呼び掛け=「ほとんどの日本人は友好的」「みんながこうだったらいいのにね」―中国ネット

配信日時:2015年7月7日(火) 23時39分
東京渋谷で「フリーハグ」、日中の若者が友好呼び掛け=「ほとんどの日本人は友好的」「みんながこうだったらいいのにね」―中国ネット
画像ID  475326
6日、人民網によると、5日午後、日中の若者十数人が東京渋谷の街頭で両国の友好を呼びかける「フリーハグ」の活動を行った。資料写真。
2015年7月6日、人民網によると、5日午後、日中の若者十数人が東京渋谷の街頭で両国の友好を呼びかける「フリーハグ」の活動を行った。

その他の写真

活動の発起人は慶応義塾大学商学部の留学生・張瀟(ジャン・シアオ)さん。張さんの活動をインターネットで知った日本人の学生や中国人留学生、台湾人留学生も活動に参加した。張さんらは「日中友好」のプラカードを掲げて見知らぬ通行人と抱き合い、日中友好を呼び掛けた。当日はあいにくの雨模様だったが、多くの日本人や外国人観光客が足を止め、呼び掛けに応じた。

この報道に、中国のネットユーザーからは多数のコメントが寄せられている。

「素晴らしいことだ」
「ほとんどの日本人は友好的だよ」
「日中関係で一番困ってるのは留学生だもんな」

「こういう活動は続けていってほしい。日本が愚かなのは政府のせいで国民のせいではない」
「国民と国民の間にはもちろん、問題なんてない。問題はいつも国と国との間にあるものだ」
「がんばれ!いつか日本の右翼が侵略の心を捨て去れば、日中は代々友好関係が続く」

「日中友好は、韓国人に頼らなくても成し遂げられる」
「日本人がどんなに友好的でも嫌い」
「友好は抱き合うことで生まれる感情じゃない。翌日には忘れてしまう。男なんかは特にね。心の中で『生まれて二十数年、初めて女の子と抱き合えた』と思ってるかもしれない」

「コメント欄には“憤青(反日思想が顕著な若者)”もいるけど、理性ある声が多くて安心した」
「日本は中国から数百年学び続けたけど、今では中国が日本に学ばなければならないことがたくさんある」
「歴史はしっかりと記憶して教訓としなければならないが、私たちは恨みを伝えるべきじゃない」

「みんながこうだったらいいのにね。恨みがなければ戦争はない。Love&Peace」(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事