ギリシャを救えるのは中国しかいない!?=「まずはわが国の株式市場から救え」「一緒に共産党に加わろう!」―中国ネット

配信日時:2015年7月8日(水) 9時23分
ギリシャを救えるのは中国しかいない!?=「まずはわが国の株式市場から救え」「一緒に共産党に加わろう!」―中国ネット
画像ID  475259
6日、中国の掲示板サイトに、「ギリシャを救えるのは中国しかいない!」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
2015年7月6日、中国の掲示板サイトに、「ギリシャを救えるのは中国しかいない!」と題するスレッドが立った。

その他の写真

スレ主は米国メディアの記事を引用し、「ギリシャは17億3000万ドル(約2100億円)を国際通貨基金(IMF)に支払っていないため、IMF初の先進国での債務不履行国になるかもしれない。だが、4兆ドル(約490兆円)の外貨準備高と21兆ドル(約2570兆円)の預金額を持つ中国なら間違いなくギリシャを救済できる」と伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「なぜギリシャを救わなければならないのだ?」
「油も石炭も鉄もないのに、救って何になる?」
「対等の物と交換しないとダメだ」

「なぜ中国がギリシャを救うのだ?わが国には1億人の貧困者がいるのに」
「そんなことより、まずはわが国の株式市場から救え」
「俺たちの中にもビルから飛び降りる人がいるのに、よそ様のことをかまっていられるか」

「島と港を売り、駐軍させるなら救ってやってもいい」
「ギリシャがトルコに宣戦布告したら、金を調達しよう」
「ギリシャには『一緒に共産党に加わろう』と言いたい」

「ギリシャを救うものはバカを見る」
「ギリシャのようなアホな国は救済しないでほしい」
「わが国は発展途上国なのだから米国が救えばいいだろ」
「米国はなぜそんなに謙虚なんだ?ドル札を多めに刷った方が早いよ」(翻訳・編集/山中)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事