Record China

ヘッドライン:

世界の造船受注量、韓国がトップを維持、日本は2位浮上=韓国ネット「低価格で受注したツケが後でくる」「韓国に技術があるわけではない」

配信日時:2015年7月5日(日) 5時50分
拡大
3日、韓国・聯合ニュースは、今年上半期、世界の船舶発注量が昨年に比べて半減したが、韓国の造船業界は昨年と同水準の受注実績を維持し、世界1位の座を守ったと伝えた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真はタンカー。
(1/2枚)

2015年7月3日、韓国・聯合ニュースは、今年上半期、世界の船舶発注量が昨年に比べて半減したが、韓国の造船業界は昨年と同水準の受注実績を維持し、世界1位の座を守ったと伝えた。

その他の写真

国際造船海運市況分析機関・クラークソンリサーチによると、2015年上半期、世界の船舶発注量は1328万CGT(標準貨物船換算トン数)となった。これは昨年の同じ期間の発注量(2699万CGT)の49.2%の水準だ。こうした状況にもかかわらず、韓国造船業界の受注量は上半期に592万CGTを記録。前年同期の616万CGTの96.1%となり、昨年の受注量をほぼ維持した。

中国の造船業界は、不況の最大の被害者となっており、今年上半期の受注量は256万CGTで、前年同期(1186万CGT)の5分の1程度に減少した。中国の受注不振は、主力のバルク船(※ばら積み貨物船)市場の低迷が最大の原因である。実際、今年の上半期、世界のバルク船発注量は55隻・93万CGTで、昨年の同じ期間(585隻・1162万CGT)に比べ、12分の1の規模に急減している。

日本の上半期受注量(268万CGT)も前年同期(604万CGT)の半分以下に減少した。しかし、中国よりも12万CGT上回り、韓国に次いで世界第2位に浮上した。半期受注実績で、日本が中国をリードしたのは10年ぶりだという。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。

「現状に満足せずに、より良い品質を目指し、世界1位を維持してくれ」

「受注量は1位かもしれんが、低価格で無理して受注している影響が後でブーメランのように跳ね返ってくるぞ」

「韓国の受注量には、国外のドックで建造している船まで含まれてるんじゃないか?」

「この1位は、非正規職が血と汗を流した結果だ」

「これは技術があって1位になったんじゃなくて、周りの国が不況で受注量が落ちただけだ。日米は空母まで建造する技術をもっている」

「中国は官主導の経済の限界が来ている。政府の補助がなければ、そのまま廃業だろう」

「世界市場が半分に縮小しているのに1位に何の意味がある」(翻訳・編集/三田)

関連記事

韓国で「限界企業」が増加、ムーディーズが「韓国の銀行資産が危ない」と警告=韓国ネット「国家デフォルトに?」「そんなに生ぬるい状況じゃない」

2日、韓国・聯合ニュースによると、国際格付け会社ムーディーズは、韓国で「限界企業」が増加しており、韓国の銀行資産の健全性を深刻に脅かしていると警告した。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真はウォン。

Record China
2015年7月4日 7時20分
続きを読む

韓国人初、世界の海のトップ誕生に、朴大統領「海洋強国の名を高める快挙」=韓国ネット「セウォル号は何だったの?」「世界より韓国の海を守って」

1日、IMO事務総長に韓国人が初めて選出されたことについて、韓国の朴槿恵大統領は「海洋強国としての韓国の名を高める快挙」と評価した。これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は釜山の海。

Record China
2015年7月2日 2時41分
続きを読む

ギリシャのデフォルト、韓国企業の「時限爆弾」に!=「ギリシャがつぶれたら船はどこに売る?」「韓国政府は影響は微々たるものと…」―韓国ネット

30日、韓国・聯合ニュースは、ギリシャのデフォルトが韓国経済に大きな打撃を与えると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。

Record China
2015年7月1日 12時57分
続きを読む

ランキング