Record China

ヘッドライン:

香港スターの映画出演料、トップ3はチャウ・シンチー、トニー・レオン、チョウ・ユンファ―香港メディア

配信日時:2015年7月4日(土) 18時50分
拡大
3日、香港スターの映画出演料について、トップはコメディースターのチャウ・シンチー、2位はトニー・レオンと報じられている。写真はチャウ・シンチー。
(1/2枚)

2015年7月3日、香港スターの映画出演料について、トップはコメディースターのチャウ・シンチー(周星馳)、2位はトニー・レオン(梁朝偉)と報じられている。網易が伝えた。

その他の写真

このほど香港メディアがランキング表を発表したもの。1位は「少林サッカー」など捧腹絶倒のコメディー映画で知られるチャウ・シンチー。1本につき5000万元(約9億9000万円)とされている。

2位は演技派俳優のトニー・レオン。最新作となるウォン・カーウァイ(王家衛)監督「擺渡人」では、出演料が4500万元(約9億円)と報じられている。

3位となった俳優チョウ・ユンファ(周潤發)は、こういった出演料ランキングでは常に上位につけている。今年初めに公開された主演映画「賭城風雲2」が、中国だけで興行収入10億元(約199億円)に迫るヒットを記録。これを受けて、最新作の「賭城風雲3」および「コールド・ウォー2」では、出演料がそれぞれ3600万元(約7億1000万円)と伝えられる。

このほかランキングに登場した顔ぶれは、チョウ・ユンファと同じく「賭城風雲2」のヒットで出演料が高騰したニック・チョン(張家輝)、俳優だけでなく映画プロデューサーとしてもマルチな活躍を見せるアンディ・ラウ(劉徳華)、アクション映画で知られるニコラス・ツェー(謝霆鋒)らとなっている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング