韓国の海に沈んだ旧日本軍の軍艦、70年ぶりに発見=韓国ネット「日本人が略奪した金塊があるかも」「韓国を侵略した物証として後世に残そう」

配信日時:2015年7月3日(金) 7時34分
韓国の海に沈んだ旧日本軍の軍艦、70年ぶりに発見=韓国ネット「日本人が略奪した金塊があるかも」「韓国を侵略した物証として後世に残そう」
画像ID  474651
1日、太平洋戦争当時、日本の軍事上の要衝であった韓国・済州島沖で、米軍の潜水艦に撃沈された日本の軍艦が発見された。これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。写真は済州島。
2015年7月1日、韓国・KBSテレビによると、太平洋戦争当時、日本の軍事上の要衝であった韓国・済州島沖で、米軍の潜水艦に撃沈された日本の軍艦が発見された。

その他の写真

済州島の北西部に位置する挟才海水浴場から900メートルの沖合に、砂に埋もれた船体の残骸が発見された。旧日本軍の資料から、1945年4月、米軍の潜水艦に撃沈された4000トン級の日本軍の輸送船と推定される。船内からは弾丸が詰まった弾薬の箱も見つかった。

太平洋戦争当時、日本軍は済州島を戦略的要衝と定め、6万人を超える精鋭部隊を配置していた。パク・チャンシク済州文化遺産研究院長は、「済州に駐留する日本軍をまず攻撃することで、米国が済州島を拠点として日本本土を攻撃しようという作戦だったのではないか」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「日本が略奪していった金塊があるかもしれないから、発掘して調査しろ」
「日本が敗戦して撤収するときに、金塊を輸送する時間や装備がないから韓国のどこかに隠していったという話がある。そういう物でも発見して、慰安婦の生活の助けにしてほしい」

「撃墜された船に韓国人がいなかったのか、気になる」
「その船は日本に返すな。日本人も韓国の物を返してくれていない」
「日本には返さずに、もう一度爆破して粉々にしよう」
「韓国の地にある物だから、返したり奪われたりしては駄目だ」

「現代版の宝船になるのでは?日本人が略奪した金や文化財があるかも」
「輸送船ということは…日本人が隠したかった秘密が暴かれてほしい」
「韓国を侵略した物証だから、きちんと管理して。証拠は後世まで残すべきだ」
「博物館に展示して、日本がしでかしたことを記憶できるようにしよう」(翻訳・編集/和氣)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事