Record China

ヘッドライン:

日中関係が難しい中、過去最多の4737本の応募―第11回「中国人の日本語作文コンクール」

配信日時:2015年6月27日(土) 20時34分
拡大
24日、日本僑報社は今年の第11回「中国人の日本語作文コンクール」の応募作品の集計結果を発表した。
(1/2枚)

2015年6月24日、日本僑報社は今年の第11回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品の集計結果を発表した。

その他の写真

日本国外務省、文化庁、在中国日本国大使館などが後援する同コンクールでは、日本に留学経験のない中国人学生を対象として、5月11日から31日まで日本語作文を募集した。応募作品集計の結果、中国28省市区の180校から、過去最多となる4737本の作品が寄せられた。日本と中国の政治外交関係が依然難しい時期であるにもかかわらず、過去最多の応募総数を記録し、中国の若者たちの日本への関心の高さが示された形となった。

今回の日本語作文コンクールのテーマは、(1)戦後70年の今年、日中の青年交流を考える「日中青年交流について」(2)中国の若者の視点で、日本の理解できない点を説明する「なんでそうなるの?」(3)“第1回日本語教師「総選挙」in中国”といった趣で、自分の日本語指導教師の優れた点を紹介する「わたしの先生はすごい」の3つ。

審査員の厳正な審査で応募作の中から各賞を決定。12月に中国・北京の日本大使館で表彰式が開催される予定だ。(編集/北田

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

関連記事

深くお辞儀をして出ていった日本兵、後から届いたガソリン=「戦争って何だったの?」―中国人学生

「一衣帯水の国」と言われる日本と中国は、似ているようで異なる部分も大きい。今日まで緊張が続く日中関係について、北京語言大学の王健蕾さんは違いを受け入れつつ、近いことの「縁」を大事にすべきだと訴えている。写真は中国人民抗日戦争記念館。

日本僑報社
2015年6月23日 17時3分
続きを読む

日本の思いやりに包まれて=「日本も中国も教えてこなかった日本人の貢献」―中国人女性

日本は先日、これまでに日本がアジアの国に対して行ってきた貢献を強調した約2分間の動画を作成し公開した。韓国で反発の声が上がっているが、長沙明照日本語専修学院の黄海萍さんは日本の貢献について作文の中でつづっている。

日本僑報社
2015年3月27日 12時4分
続きを読む

ランキング