日中関係が難しい中、過去最多の4737本の応募―第11回「中国人の日本語作文コンクール」

日本僑報社    2015年6月27日(土) 20時34分

拡大

24日、日本僑報社は今年の第11回「中国人の日本語作文コンクール」の応募作品の集計結果を発表した。

(1 / 2 枚)

2015年6月24日、日本僑報社は今年の第11回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の応募作品の集計結果を発表した。

その他の写真

日本国外務省、文化庁、在中国日本国大使館などが後援する同コンクールでは、日本に留学経験のない中国人学生を対象として、5月11日から31日まで日本語作文を募集した。応募作品集計の結果、中国28省市区の180校から、過去最多となる4737本の作品が寄せられた。日本と中国の政治外交関係が依然難しい時期であるにもかかわらず、過去最多の応募総数を記録し、中国の若者たちの日本への関心の高さが示された形となった。

今回の日本語作文コンクールのテーマは、(1)戦後70年の今年、日中の青年交流を考える「日中青年交流について」(2)中国の若者の視点で、日本の理解できない点を説明する「なんでそうなるの?」(3)“第1回日本語教師「総選挙」in中国”といった趣で、自分の日本語指導教師の優れた点を紹介する「わたしの先生はすごい」の3つ。

審査員の厳正な審査で応募作の中から各賞を決定。12月に中国・北京の日本大使館で表彰式が開催される予定だ。(編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携