Record China

ヘッドライン:

日本の南シナ海への介入は“火遊び”、「日中関係改善に不利益」―中国専門家

配信日時:2015年6月28日(日) 4時50分
拡大
25日、日本の海上自衛隊とフィリピン海軍が南シナ海で共同訓練を行ったことについて、中国側から批判の声が聞かれている。写真は南シナ海。
(1/2枚)

2015年6月25日、日本の海上自衛隊とフィリピン海軍が南シナ海で共同訓練を行ったことについて、中国側から批判の声が聞かれている。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

25日、北京市で「現在の日中関係」をテーマとした交流会が開かれ、中国社会科学院日本研究所の高洪(ガオ・ホン)副所長は国内外の記者に対し、日本の南シナ海への介入は「リスクある火遊び」だと非難し、日本が南シナ海問題に首を突っ込みトラブルを作り出していると述べた。

日本が南シナ海問題に介入する理由について高副所長は、日本が南シナ海問題を利用して自国の海洋問題から視線をそらせようとしている意図や、米国が日本を通して中国をけん制する狙いがあると分析。その上で、「南シナ海の海域に属さない日本が南シナ海の問題に介入することは日中関係改善に不利益」と批判した。(翻訳・編集/内山

関連記事

「関係国が地域の平和と安定に寄与することを行うよう望む」=南シナ海で日比共同訓練、両国軍機が南沙上空を飛行―中国外交部

23日、中国外交部の陸慷報道官は、日本の海上自衛隊とフィリピン海軍との共同訓練で両国軍機が南シナ海上空を飛行したことについて、「関係国は地域の平和や安定に役立つことを行い、それに反することをしないよう望む」と述べた。写真は南シナ海。

Record China
2015年6月25日 2時52分
続きを読む

<新安保法制>安倍政権の「中国仮想敵国論」のまやかし!=米中戦略・経済対話で分かった米中の「あ・うん」―高まる日米中相互依存

米国、中国両政府がワシントンで開催していた第7回米中戦略・経済対話で両国間投資協定(BIT)交渉が進展したほか、経済・金融分野や地球温暖化対策などで協調していくことで合意した。この大規模対話で明らかになったのは、米中の相互依存の実態である。資料写真。

八牧浩行
2015年6月26日 7時18分
続きを読む

ランキング