日本との関係改善に舵切る韓国政府、韓国ネットは非難の集中砲火、「次の課題は国内の火消し」と日本ネット

Record China    2015年6月27日(土) 7時0分

拡大

26日、日韓国交正常化50周年を機に日本との関係改善に舵を切った韓国政府に、韓国のネットユーザーが非難の集中砲火を浴びせ、日本のネットユーザーは「次の課題は国内の火消し」などと冷笑している。資料写真。

(1 / 2 枚)

2015年6月26日、日韓国交正常化50周年を機に日本との関係改善に舵(かじ)を切った韓国政府に、韓国のネットユーザーが非難の集中砲火を浴びせている。これに対し、日本のネットユーザーは「次なる課題は国内での火消しだな 」などと冷笑している。

その他の写真

韓国・聯合ニュースによると、21日に日韓国交正常化50周年に合わせて訪日した韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は、帰国後の韓国メディアとのインタビューで、日韓関係について「関係改善に向け、雰囲気が変わってきた。両国は努力を強化する時だと考えている。この機会を逃すことは両国のためにならない」と述べた。

最も重要な課題としては「慰安婦問題の解決」を挙げ、「日本は被害者らの心を癒やし、恨みを晴らさなければならない。国際社会や被害者の期待に応えなければならないということを、日本政府もよく理解している」と強調した。さらに、聯合ニュースは岸田文雄外相との日韓外相会談で、日本側は竹島(韓国名・独島)の領有権問題を直接提起しなかった、とも伝えた。

こうしたニュースに韓国のネットユーザーは

「もはや韓国政府の言うことは何も信じられない」

「日本の態度は少しも変わっていないけど?韓国が無理やり日本に行き、作り笑いを浮かべて『日韓の雰囲気が良くなった』と言っているだけのように感じる。慰安婦問題も独島問題も進展はない。それなのになぜ日本人の前で笑えるんだ?」

「韓国が歩み寄る必要はない。韓国は要求するだけでいい」

「日韓関係において、こんなに屈辱的な政府は初めてだ」

「この機会を逃してはならない?関係改善にそんなにも一生懸命になる必要があるの?」

「日本が心から反省したとしても、過去の罪を消すことはできない。われわれとともに歩んでいきたいのなら、日本の天皇は今からでもひざまずいて許しを請うべきだ」

などと激怒。

竹島についても

「日本は教科書で独島の領有権を主張しているじゃないか。ふさけたことを言うな」

「韓国政府はなぜ『独島を奪おうとするな』と言えないの?日本人の前ではプライドを捨て、ヘラヘラ笑うことしかできない情けないやつらだ」

などの声が集まった。

日本のネットユーザーは、韓国政府の変化に

「反日急先鋒のユンでさえ及び腰になるほど政権は問題山積で にっちもさっちも行かなくなってるのに国民の側の反日暴走が止まらないのか。クネ(朴槿恵大統領)の次なる課題は国内での火消しだな 」

「韓国が日本の罪とやらを許せないのは分かった。 しかし、日本は近年における韓国の蛮行と侮辱という罪の数々を許すことはできない。一方的な被害者のような顔をされると虫酸(むしず)が走る」

「ツートラック外交などという、そんな都合の良い話が通用するわけなかろう。日本はさらに嫌韓が進み、自国の不信感も倍増。このまま反日でいくべきだった。絶妙なタイミングで最悪の方針転換」

「韓国民の皆さん、外相が日韓関係改善させようとしています。みんな政府に反対ですよね?お願いだから、阻止してください」

などのコメント寄せている。(編集/KU)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携