2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<ボイス>日本語学習の動機が不純!?でも、「やっぱり花柄のスカート穿いたかわいい先生がいい!」―中国学生

配信日時:2015年6月27日(土) 9時30分
<ボイス>日本語学習の動機が不純!?でも、「やっぱり花柄のスカート穿いたかわいい先生がいい!」―中国学生
画像ID  472878
19日、中国の学生はこのほど、クラスの日本語教師についてつづった。資料写真。
2015年6月19日、西南財経大学の日本語教師、杜[女交](ドゥー・ジャオ)さんは「最も美しい日本語教師」として昨年注目され、授業に学生が押し寄せるなど話題となったが、このほど中国の学生は自身のクラスの日本語教師についてつづった。

その他の写真

「違うクラスの日本語教師は帰国子女で20代の若くかわいい女性。花柄のスカートを身にまとい日本の文化を紹介している。一方、私のクラスの日本語教師は、体型が崩れた中年の女性。授業の度に中国の教育を批判し、留学のチャンスをコネがある人に奪われたと愚痴っている。彼女の授業を受けて、私はまた日本語の授業をエスケープするようになった」と、他のクラスと日本語教師を比べた結果、やる気をなくしたと語った。(翻訳・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事