ソフトバンクとアリババが提携、ロボットを共同開発へ―中国メディア

配信日時:2015年6月20日(土) 8時34分
ソフトバンクとアリババが提携、ロボットを共同開発へ―中国メディア
画像ID  472859
18日、東京で開かれた感情認識ヒューマノイドロボット「Pepper」の発表会で、ソフトバンクグループの孫正義代表、アリババ・グループのジャック・マー会長、フォックスコンの郭台銘会長が同ロボットと共に登場した。
2015年6月19日、新華社によると、東京で18日に開かれた感情認識ヒューマノイドロボット「Pepper(ペッパー)」の発表会で、ソフトバンクグループの孫正義代表、アリババ・グループのジャック・マー(馬雲)会長、フォックスコンの郭台銘(グオ・タイミン)会長が同ロボットと共に登場した。3社は18日に業務提携を発表した。

その他の写真

アリババとフォックスコンは、ソフトバンクロボティクス(SBRH)にそれぞれ145億円を投資する。アリババとフォックスコンはこの投資により、それぞれSBRHの20%の株式を保有することになる。ソフトバンクの持株比率は60%。同ロボットは「感情」を持つとされている。頭部にはマイク、カメラ、3Dセンサーが取り付けられており、人の表情や声、さらには喜びや怒りなどの感情を認識し、ヒトの気分に応じて反応することができる。

アリババはなぜロボット産業に進出したのだろうか?アリババ・グループ中国小売事業担当の張建鋒氏は、「SBRHへの投資によりロボット産業とのつながりを作り、スマート分野の開拓を進めていく。当社のスマートプラットフォームはロボットの視覚、言語解析、家庭内のスマートコントロール、スマートネットワークセキュリティなどで、SBRHと共同研究と意見交換を行い、スマートライフの基礎技術の蓄積と拡張を促す」と説明した。

ジャック・マー会長は発表会で、「当社はクラウドコンピューティングとビッグデータの分野で強みを持つ。これはスマート製品とロボットの研究開発を力強く支える。将来のロボットはより賢くなり、ヒトと同じ感覚・思考・知恵を持つようになる」と話した。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事