韓国の若者、MERSに関心薄く「キムチを食べれば大丈夫」の声も、一方で中国人留学生は戦々恐々―中国メディア

Record China    2015年6月19日(金) 4時29分

拡大

18日、人民日報(電子版)は、韓国で猛威を振るっている中東呼吸器症候群(MERS)に関連して、韓国に留学している中国人学生の体験談と現状を伝えた。写真は韓国・ソウル。

(1 / 2 枚)

2015年6月18日、人民日報(電子版)は、韓国で猛威を振るっている中東呼吸器症候群(MERS)に関連して、韓国に留学している中国人学生の体験談と現状を伝えた。

その他の写真

韓国・ソウルの大学に通う中国の男子学生は、「韓国のネットではMERSへの関心度は高いが、僕の周りの韓国人はあまり注目していないように感じる。韓国人の友人の中には、『キムチを食べれば大丈夫』と話す人もいる。きっと彼のように、韓国人の中にはキムチが万病を治す効果があると信じている人がいるのだろう」と話した。

他の中国人留学生からも同様の声が聞かれている。韓国メディアは政府の対応力不足を批判するなど、連日MERSを取り上げているが、韓国の若者はMERSを「ひどい風邪」としか見ていない。多くの人が命を落としている現状に関しては、犠牲となっているのが高齢者なため、体が丈夫で免疫力が高い若者の彼らには脅威ではなく、メディアが伝えるほど深刻な状況ではないとの見方が強い。

これに対し、SARS(重症急性呼吸器症候群)を経験している中国人は慎重で、韓国の中国人留学生の多くは外出を控え、買い物は人が少ない早朝に済ませ、可能な限り外に出ないようにする人も少なくない。(翻訳・編集/内山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携