日本企業の面接、「抗日ドラマ」好きの人は受かったのに、日本好きで成績優秀の私は落ちた―中国ネット

Record China    2015年6月17日(水) 7時13分

拡大

15日、就労で日本に来るため、日本企業の面接を受けるも2度も落ちたと語る日本好きの中国ネットユーザーは、自身の失敗談とともに、「どうしたら日本人に好印象を与えられるか」と問い掛けた。資料写真。

(1 / 2 枚)

2015年6月15日、就労で日本に来るため、日本企業の面接を受けるも2度も落ちたと語る日本好きの中国ネットユーザーは、自身の失敗談とともに、「どうしたら日本人に好印象を与えられるか」と問い掛けた。

その他の写真

私は1度目の筆記試験で、2番目の人に20点差をつける好成績だったが、結果が良すぎたために落ちた。理由は「賢い人間は残業代をすぐに計算できるから」というのものだが、こんな理由は聞いたこともない。

2度目は面接での質問に反応できず、失敗。私が参加した面接は競争が激しく、50人が参加したが、採用されるのは8〜15人ほどだった。話す時に面接官の顔を見ておらず、笑顔も少なかったと反省しているが、一緒に参加した「抗日ドラマ」が好きな知り合いが受かったのはふに落ちない。再度チャレンジするつもりだが、日本人に好印象を与えるために、何に気を付けるべきだろうか。

この書き込みに中国ネットからは、「私の短い留学経験から言うと、日本人は謙虚な人が好きで、礼儀も重視する。これらの点に注意するといい」「あなたの品格の問題じゃない?もしくは座る姿勢が悪かったとか、全く魅力を感じなかったか。自分自身に問題がなかったか見直すべき」「誰かより優れていることばかりをアピールせず、自分が努力家であることを伝えよう。質問が分からなかったら素直に聞き、それでも分からない場合は、はっきり『分からない』と伝えるべき。分からないのに分かったように装うのは間違いだ」とさまざまなアドバイスが寄せられた。(翻訳・編集/内山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携