Record China

ヘッドライン:

フィリピン、独立記念日に南シナ海問題のドキュメンタリー放送=中国メディア「反中感情あおる」と報じる―中国メディア

配信日時:2015年6月16日(火) 8時44分
拡大
12日、フィリピン独立117周年の記念日に合わせ、現地テレビ局は「海洋権益」と題した22分間のドキュメンタリーを放送、南シナ海での中国の活動がフィリピンの国民に与える経済的影響を伝えた。写真はフィリピンの地図。
(1/2枚)

2015年6月12日、フィリピン独立117周年の記念日に合わせ、現地テレビ局は「海洋権益」と題した22分間のドキュメンタリーを放送、南シナ海での中国の活動がフィリピンの国民に与える経済的影響を伝えた。新華社が伝えた。

その他の写真

番組は「2012年に中国がスカボロー礁を占領した後、中国海警はフィリピンの漁民を排除し、漁獲量が大幅に減少、主な収入源を失うに至った」と報じている。番組はフィリピン外務省、大統領府広報室と、フィリピン報道局が共同で制作したもので、歴史、経済、法律の角度から南シナ海問題を紹介し、著名人による南シナ海問題への過激な発言も多数収められている。

12日に国連本部で開催された国連海洋法条約の締約国会議で、フィリピンは中国を暗に非難。これに対し中国代表の王民(ワン・ミン)氏は「ある国が締約国会議で南シナ海問題を大げさに取り上げ、国際社会をだまして中国に圧力を掛けて譲歩を迫ろうと企てている」と厳しい言葉で反発した。

今月初め、アキノ大統領が日本を訪問し、南シナ海での中国の行動をナチス・ドイツになぞらえ、「東シナ海と南シナ海の沿岸と海洋の繁栄は、境界線を書き換えようとする試みと実体的危険にさらされている」と述べた。また、日本との共同声明で、「一方的な現状変更の試み」への深刻な懸念を共有し、両国は共に国際社会に対し責任ある行動を求めていくとしている。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

「日本はおせっかいな近所のおばさんのよう」=当事国ではないのに南シナ海問題に介入と反発の声―中国ネット

12日、人民日報は、12日の外交部の定例記者会見で、洪磊報道官が、南シナ海問題について「日本が意図的に問題に介入し、緊張状態をつくり出している」と非難したと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

Record China
2015年6月14日 7時45分
続きを読む

「米軍は南シナ海での活動縮小を」=中国軍制服組トップの発言に中国ネットが反応、「現状を変えているのは米国」「求めるだけでは意味がない」

12日、中国メディア・新浪は、訪米した中国の范長竜中央軍事委員会副主席がカーター米国防長官と会談し、南シナ海における米軍の軍事活動を減らすよう求めたと報じた。写真は米軍機が南シナ海上空を飛行したことを伝える中国のニュース。

Record China
2015年6月12日 21時19分
続きを読む

日本とフィリピンの関係が良すぎる!侵略の歴史にこだわらないフィリピンに「日中にも蜜月期があったが…」「敵の敵は友」―中国ネット

10日、中国メディアの新浪は「なぜフィリピンは第二次大戦での日本軍の罪にこだわらないのか」と題する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はフィリピン国旗。

Record China
2015年6月12日 7時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング