フェイ・ウォン娘のデビューに熱い視線、日本ではなくイギリスでデビューか―香港

Record China    2015年6月11日(木) 11時45分

拡大

10日、女性歌手フェイ・ウォンの娘で18歳になる竇靖童さんについて、イギリスのレーベルと所属契約を結んだのではないかと報じられている。写真は竇靖童さん。

(1 / 2 枚)

2015年6月10日、女性歌手フェイ・ウォン(王菲)の娘で18歳になる竇靖童(ドウ・ジントン)さんについて、イギリスのレーベルと所属契約を結んだのではないかと報じられている。新浪が伝えた。

その他の写真

竇靖童さんは1997年、フェイと最初の夫である中国のカリスマミュージシャン、ドウ・ウェイ(竇唯)との間に生まれた。ここ数年、ネット上で複数の英語曲を発表し、父譲りの音楽的センスと、母譲りの歌唱力が話題になっていた。先月には「リア・ドウ」名義で英語曲「Chimes」を発表し、ロンドンで撮影されたMVを公開。本格的な形で作品を発表したことで、正式デビューも近いとみられている。

最近、この年末にも日本でデビューすると報道されたばかり。と言うのも、竇靖童さんの作る英語曲が、香港や中華圏で大衆受けするタイプではないと指摘され、幅広い好みを持つ日本人になら受け入れられやすいとされたもの。しかし新たに、イギリスのレーベルに所属するのではないか、との報道が持ち上がっている。

報道の根拠となったのは昨年9月、フェイの2番目の夫だった中国の俳優リー・ヤーポン(李亜鵬)がインタビューで語った内容だ。竇靖童さんについて、「学業より音楽の道を選んだ。イギリスのレーベルと契約する」と話していた。

中華圏の音楽界では最強のサラブレッドとして、竇靖童さんの未来に高い関心が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携