撮り鉄必見!中国の鉄道カメラマンが捉えた絶景―中国メディア

Record China    2015年6月13日(土) 12時46分

拡大

8日、中国は世界一慌しい鉄道輸送と世界最速の高速鉄道を有する国だ。

(1 / 15 枚)

2015年6月8日、中国は世界一慌しい鉄道輸送と世界最速の高速鉄道を有する国。しかし鉄道カメラマン、王嵬(ワン・ウェイ)さんの目に映る中国の鉄道は、世界一美しい「生き物」であり、心を癒す「親友」なのだ。今までに撮影した鉄道写真の数は30万枚以上に上り、撮影のために歩んだ道のりは20万kmにも及ぶ。

その他の写真

「汽車を見ると心が躍る」。カーブをゆっくりと進む列車は王さんにとって「絶対に見逃せない絶景」だ。25歳という若さだが、カメラを持って十数年になる。毎年5カ月もの時間を全国各地での撮影と列車を待つ時間に費やしている。美しいスポット、角度、光のためならどんな険しい道のりも、飢えも寒さもいとわない。狼に囲まれたこともあったという。

王さんが捉える写真の多くは、列車が四季折々の高原や草原、森林、雪原、断崖絶壁や湖を走り抜ける光景だ。しかもその多くがほとんど姿を見せなくなった内燃料機関車と蒸気機関車だ。こうした鉄道風景をカメラに収めようと、近年多くの人が鉄道に興味を抱き始めていることは、王さんが最も達成感を感じること。「鉄道は政府のものではなく、国民一人一人のもの」と王さん。これからもより多くの人々に鉄道の魅力を伝えたいと意気込む。さらに「中国の汽車の一次資料の多くが外国人の手にあり、中国は鉄道文化の砂漠とまで囁かれている。私が集めてきた鉄道に関する様々なコレクションをこれから皆と共有していきたい」と語る。(提供/人民網日本語版・翻訳/IM・編集/武藤)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携