「韓国食文化の多くが日本から来ていた」スレッド、韓国ネットの怒り買う=ただ「おにぎり」には完敗コメント

Record China    2015年6月9日(火) 21時34分

拡大

9日、韓国インターネットの掲示板にこのほど立った「韓国食文化の多くが日本から来ていた」とのスレッドが韓国ネットユーザーの怒りを買っている。写真はおにぎり。

(1 / 2 枚)

2015年6月9日、韓国インターネットの掲示板にこのほど立った「韓国食文化の多くが日本から来ていた」とのスレッドが韓国ネットユーザーの怒りを買っている。気持ちは分かるが、今や日本発祥の「おにぎり」が韓国人の国民食になっている現実の中では、起源論争は無意味のように思えるのだが…。

その他の写真

スレッド主はCNNが選んだ「韓国の代表的なストリートフード」として、上位からトッポッキ(餅の甘辛炒め)、パジョン(チヂミ)、キムパブ(海苔巻き)などを紹介した上で、「36年間にわたって日本の植民地支配を受けた影響からか、海苔巻きやおでん(6位)など日本のオリジナルなものが多く、残りは唐辛子や醤油なしでは作れない食べ物ばかりだ」と書き込んだ。

韓国ネットユーザーからは「こんな『スミマセン』な話ってある!?」「中国→韓国→日本の順で食材が入ってきて発展した。日本が特に食べ物への審美眼があるのは認めるが、韓国の食べ物の多くが日本のまねをしたというのは話にならない」と反論が相次いだ。

日本のユーザーからは「いつも思うが、そんなに起源って気にすることか」「どう考えても食べておいしいかどうかが重要な問題ではないか。韓国民はそれをなぜ話題にしないのか」などのコメントが寄せられ、起源論争好きな韓国人を皮肉ってみせた。

一方、日本食との関連では6日付の韓国・東亜日報に、2002年のサッカー日韓ワールドカップ共催年に日本で最初に作られたおにぎりへの人気が一気に高まり、同年発売された「全州ビビンバおにぎり」はそれ以降、販売ランキングで不動の一位を独占。今や日韓の共通国民食となったおにぎりが将来どのように変化していくのか楽しみだと、ちょっと眉につばを付けたいような記事が掲載された。

韓国のネットユーザーは「日本のおにぎりはご飯におかずがたくさん詰まっていておいしい食べ物だが、韓国のものはご飯にご飯が詰まっている食べ物」「日本のおにぎりを食べて悪口を言いたかったけど、できなかった」と完敗コメントばかり。日本のユーザーから「そんなに食べられているとは知らなかった。嫌いではなかったの?で、いつ起源を主張するんだ?」と拍子抜けコメントが目に付いた。(編集/KO)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携