Record China

ヘッドライン:

「日本に歴史正視を求めている中国は、いつになったら天安門事件を正視するのですか?」=スペインの記者が質問―英メディア

配信日時:2015年6月4日(木) 13時35分
拡大
4日、英BBC中国語版によると、3日に行われた中国外交部の定例記者会見で、スペインの記者から天安門事件に関する質問が飛んだ。写真は天安門。
(1/2枚)

2015年6月4日、英BBC中国語版によると、3日に行われた中国外交部の定例記者会見で、スペインの記者から天安門事件に関する質問が飛んだ。

その他の写真

1989年に起きた天安門事件から4日で26周年となる。3日の記者会見で、スペインの記者が「中国は日本に歴史を正視するよう求めているが、中国はいつになったら天安門事件の歴史を正視できるのか」と質問。これに対して、中国の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、「なぜそういうロジックになるのか。2つの事件の性質は完全に異なる」と反論した。

さらに、「80年代末に起きた政治の波について、中国の党と政府はすでにはっきりとした結論を下している。中国の30年余りにわたる改革開放の経験と成功は、中国が選択し進んできた道が正しかったことを示している。中国の全国民の心からの支持も得ている」とした。

華報道官は続いて話題を日本の戦争に移し、記者たちに中国各界と交流し、より正確に中国の当時の戦争に対する印象を理解するよう求めた。また、日本が十分に歴史を正視することが、日中関係にとって重要な意味を持つと強調した。(翻訳・編集/北田

関連記事

「戦後70年、日本は真摯に歴史を反省すべき時」と指摘した報道官に、中国ネットから「自分たちはどうなんだ!」の大合唱

2日、人民政治協商会議の呂新華報道官は記者会見で、「日本の首相は真摯に歴史を反省する時だ」と述べた。これに対して、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。写真は人民大会堂。

Record China
2015年3月3日 16時43分
続きを読む

ランキング