Record China

ヘッドライン:

<サッカー>「日韓W杯はすべてが透明だった」「イタリア紙の主張はまったくのデタラメ」=モレノ主審が疑惑を一蹴―中国メディア

配信日時:2015年6月2日(火) 20時10分
拡大
1日、網易体育によると、国際サッカー連盟の汚職をめぐる問題で、2002年に開催された日韓ワールドカップでの審判による「韓国寄り」のジャッジに再び注目が集まるなか、渦中の審判が自身の見解を激白した。写真はソウルの日韓W杯記念館。
(1/2枚)

2015年6月1日、網易体育によると、国際サッカー連盟(FIFA)の汚職をめぐる問題で、2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)での審判による「韓国寄り」のジャッジに再び注目が集まるなか、渦中の審判が自身の見解を激白した。

その他の写真

先月、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、FIFAの汚職と関連して日韓W杯での疑惑を報じた。同紙が問題視しているのは、決勝トーナメント1回戦のイタリア対韓国の試合だ。韓国のたび重なるラフプレーがファウルと判定されなかったばかりか、逆にエースのフランチェスコ・トッティが審判を欺いたとして退場処分となった。その後も、ゴールが認められないなどの疑惑の判定によって、イタリアは敗れた。

この試合を裁いたエクアドルのバイロン・モレノ主審は、先日、インタビューに応じた際、「私は自分の心に聞いても恥じることはない。私はプロ生活の中で、試合をコントロールしたことなど一度もない。イタリアメディアの主張はまったくのでたらめだ。彼らはずっと私に問題があると思っているようだが、一切の証拠を示すことができていない」と疑惑を一蹴した。

さらに、「日韓W杯ではすべてが透明だった。あれは公平な試合だ。やましいゴールはなく、私は9〜10点の評価を得た。あの試合で最大のサプライズはトッティが退場したことではないか」と語った。(翻訳・編集/北田

関連記事

<サッカー>2030年日本の目標はW杯4強、世界10位以内=中国ネット「韓国は28年前に達成」「あれは4強とは言えない」

9日、日本メディアによると、日本サッカー協会が2030年W杯で世界4強入りを目標に掲げる「2015年宣言」を打ち出すことが分かった。この話題について、中国のインターネット上にはさまざまなコメントが寄せられている。写真は14年のブラジルW杯。

Record China
2015年4月10日 8時46分
続きを読む

ランキング