<中国食品>アメリカ産豚肉の大規模輸入、安全を旗印に普及なるか?!―中国

配信日時:2007年9月4日(火) 18時29分
<中国食品>アメリカ産豚肉の大規模輸入、安全を旗印に普及なるか?!―中国
画像ID  82792
2007年8月28日、アメリカ最大の豚肉生産販売業者は年末までに2.7万トンの豚肉を中国に輸出すると発表。アメリカの中国向け豚肉輸出において、過去最大級の規模となる。
2007年8月28日、アメリカ最大の豚肉生産販売業者のスミスフィールドフード社は年末までに2.7万トンの豚肉を中国に輸出すると発表した。アメリカの中国向け豚肉輸出において、過去最大級の規模となる。

その他の写真

今年、中国の豚肉価格は急騰、消費者物価の高騰の牽引車となった。今回のアメリカからの豚肉輸入は中国の食肉価格に影響を与えるのか注目されるところだが、結論から先に言えば影響は大きくなさそうだ。アメリカ産豚肉の小売価格はバラ肉で1kgあたり80元から100元(1280円から1600円)と予想されている。大幅に値上がりしたとはいえ中国産の豚バラ肉は1kgあたりおおよそ30元(約480円)と3分の1近い値段で、価格面で競争にはならないという。

アメリカ産豚肉は主に大手スーパーなどにおろされ、高級食品市場をターゲットに販売される。安全管理・衛生管理が厳しく、また違法な化学薬品も使われていない“安心”のアメリカ産だけに、富裕層を中心に人気を呼ぶ可能性が高い。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事