Record China

ヘッドライン:

FIFA汚職、イタリア紙「日韓W杯の疑惑が明らかになる」=「韓国はベスト4を盗んだ」「平昌五輪でどんなショーを見せてくれるのか」―中国ネット

配信日時:2015年5月30日(土) 11時25分
拡大
29日、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、FIFA幹部の汚職問題と関連して、2002年に行われた日韓W杯の疑惑について報じた。
(1/2枚)

2015年5月29日、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、国際サッカー連盟(FIFA)幹部の汚職問題と関連して、2002年に行われた日韓ワールドカップ(W杯)の疑惑について報じた。

その他の写真

2002年日韓W杯では、イタリアとスペインが“被害者”となった。決勝トーナメント1回戦で韓国と対戦したイタリア。韓国のたび重なるラフプレーがファウルと判定されなかったばかりか、逆にエースのフランチェスコ・トッティが審判を欺いたとして退場処分に。その後も、ゴールが認められないなどの疑惑の判定によって敗れた。勝ち上がった韓国が次に対戦したのはスペイン。この試合では韓国選手のオウンゴールが取り消され、スペインのモリエンテスのゴールは認められなかった。コリエレ・デロ・スポルトは、今回のFIFAの汚職問題でFBIが2010年W杯での贈収賄に言及したことに触れ、「2002年W杯についても明らかになるだろう」としている。

これを受け、サッカー熱が高い中国のサッカーファンからも多数のコメントが寄せられている。以下はその一部。

「おれは(賄賂の授受があったことを)FBIよりも早く知ってたぞ。13年くらい前にね」

「この2試合の真相は、白日の下にさらさなければならない!」

「韓国の八百長技術は中国のはるか先を行っている」

「韓国は2018年のW杯予選への参加資格を停止してはどうだろう」

「韓国をFIFAから追い出すべきではないか」

「10年間試合禁止に。韓国はほかのスポーツでもこういうことをする。勝つためならどんな手でも使う小さいやつら」

「韓国がホスト国である試合は勝てる気がしない」

「あのW杯で、日本は尊重を勝ち取ったが、韓国はベスト4を盗んだ」

「2018年の平昌五輪で、韓国人はどんなショーを見せてくれるのか楽しみ」

「正義は“遅刻”するかもしれないが、“欠席”しはしない」(翻訳・編集/北田

関連記事

韓国平昌五輪、単独開催なら毎年18億円の赤字=韓国人は「日本との共催希望」、日本人は「日韓W杯の悪夢はもうたくさん」と冷ややか―中国メディア

11日、平昌五輪について、開催国の韓国では「日本との共同開催にすべき」との声が高まっているが、日本からは冷ややかな視線が送られている。韓国開発研究院の報告書や専門家の見解によると、単独開催した場合、巨額の赤字になる可能性が指摘されている。

Record China
2015年3月12日 12時26分
続きを読む

<2014年スポーツ総決算(7)>ブラジルW杯の開幕戦、日本人主審の「疑惑の判定」が物議=「2002年の韓国の笛が再び」

2014年はソチ五輪、ブラジルW杯、仁川アジア大会など、多くの国際的なスポーツ大会が注目された年だった。その中から、日本、中国、韓国に関わる出来事を振り返る。7件目はブラジルW杯の開幕戦での日本人主審の誤審騒動。

Record China
2014年12月29日 12時3分
続きを読む

ランキング