私が日本で受けた最大の衝撃=「ホテルスタッフはいったいどんな“魔法”を使ったのか?」―訪日中国人

配信日時:2015年5月31日(日) 9時7分
私が日本で受けた最大の衝撃=「ホテルスタッフはいったいどんな“魔法”を使ったのか?」―訪日中国人
画像ID  469185
26日、中国のポータルサイト・捜狐は、仕事で日本を訪れた際に衝撃を受けたという中国人の体験を紹介する記事を掲載した。写真は卵。
2015年5月26日、中国のポータルサイト・捜狐は、仕事で日本を訪れた際に衝撃を受けたという中国人の体験を紹介する記事を掲載した。

その他の写真

日本のホテルに宿泊していれば、日本式の朝食は避けられない。日本人の朝食にはある習慣がある。それは生卵に醤油を入れ、ご飯にかけて食べるのだ。そして、私の朝食にも当然のように生卵が登場した。私は昔から生ものは食べられなかったので、ほかの料理を食べ終えると慌ただしく席を立った。

2日目の朝食。前日と同様におぼんには卵が乗っていた。私はどうしようもなく、眉をひそめるしかなかった。ところが、何の気なしに卵に触れてみると、なんと温かかったのだ。私は周囲を見回したが、私以外の客はおいしそうに生卵を食している。その場にいた私の卵だけが火が通っていた。

私は懸命に記憶をたどったが、私が生卵を食べないことは誰にも話しておらず、手を付けずに残しただけだった。ホテルのスタッフはいったいどんな“魔法”を使って、1000人にも上る客の中から私の事を覚えていたのか。そして私の好みを別のスタッフに告げ、私がその客であると見抜き、火の通った卵が置かれた唯一のおぼんを正確に私のテーブルに置いたのか。このささいなことが、私が日本で受けた最大の衝撃だった。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<