Record China

ヘッドライン:

習主席、二階氏率いる訪中団に日中友好を強調「日本は、中国を信用するほどだまされやすくはないと思う」「なんという偽善だ」―米国ネット

配信日時:2015年5月27日(水) 9時9分
拡大
26日、AFP通信は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は23日、北京で自民党の二階俊博総務会長ら訪中団約3000人を前に演説を行い、日中の友好関係を強調したと報じた。写真は日本の訪中団と面会する習主席。
(1/2枚)

2015年5月26日、AFP通信は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は23日、北京で自民党の二階俊博総務会長ら訪中団約3000人を前に演説を行い、日中の友好関係を強調したと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

その他の写真

AFP通信の報道によると、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は23日、北京で自民党の二階俊博総務会長ら訪中団約3000人を前に演説を行い、日中関係を重視していることを強調した。習首席は、「日中の友好関係は両国民が共通して持っている意志であり風潮である」と述べ、日中関係は大切にし、守っていくべきものだとの見解を示した。また、今年が戦後70年の節目となることについても言及し、「歴史の事実が歪曲されることはあってはならない」と述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「今日聞いたニュースで一番面白い話だな」

「友好関係を見せつける演出にだまされてはいけない。中国とロシアはこういうやり方に優れている。相手を利用した後、傷つけるんだ」

「ふーん…今は友好的な雰囲気なのか。みんな、背後に注意した方がいいぞ」

「なんという偽善だ。中国の指導者たちは日本人を憎んでいる。中国では毎日のように、中国人が日本人に対する抗議活動をするように仕向けられているんだ」

「中国共産党はアメリカと日本の間にくさびを打ち込もうとしている」

「彼が握手をしている時に後ろに隠し持っているナイフに気を付けろ」

「日本は、中国を信用するほどだまされやすくはないと思う」

「中国が他国について良いことを言っている時は、国内で何かしらの要因があるからだ。中国と関わるには十分に気を付けなければいけない。中国を信用してはいけない」

「習近平は大ウソつきだ。彼に友達などいない。彼がすることといったら、侵攻だけだ。プーチン大統領と同じようにね。2人とも大ウソつきだよ」

「地球の平和はそれほど遠くはない。祈り続けよう」

「調子のいいでたらめの話をして人を欺く名人だね」

「中国に友好国なんてあるのか?」

「どんな友好関係だ?彼らは決して友好関係を結ぶことはできない。決してできないよ」(翻訳・編集/蘆田)

関連記事

中国軍の露パレード参加に「強盗と祝うようなもの」と中国ネット=中国軍機関紙が反論記事掲載し、議論がさらに加熱―英メディア

12日、中国がロシアの戦勝70周年軍事パレードに参加したことに対し、ネット上で議論が高まっている中、中国軍機関紙がそうした声を批判する記事を掲載した。写真はモスクワの「赤の広場」。

Record China
2015年5月13日 14時32分
続きを読む

自民党の二階氏「慰安婦問題は解決していない」=韓国ネット「さすがメルケル首相!」「日本政府の言葉は矛盾だらけ…」

12日、韓国メディアによると、自民党の二階俊博総務会長が、慰安婦問題について、「日本にも言い分はあるが、解決していないことは事実」と述べた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2015年3月13日 2時18分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング