Record China

ヘッドライン:

中国が国防白書を発表、南シナ海を念頭に海上での国防を重視へ―米メディア

配信日時:2015年5月27日(水) 21時4分
拡大
26日、中国政府が「国防白書」を発表し、周辺国との軍事衝突に備え、海上を重視した軍事戦略を進めていくことが分かった。写真は中国国防部。
(1/2枚)

2015年5月26日、米ブルームバーグによると、中国政府が同日、「国防白書」を発表し、周辺国との軍事衝突に備え、海上を重視した軍事戦略を進めていくことが分かった。

その他の写真

中国政府は26日、「中国の軍事戦略」と題した国防白書を発表し、海洋における中国の主権に対する挑発行為が増えていると指摘、海上での国防を強化していくとの見解を示した。

中国は南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で灯台2基の建設に着手している。(翻訳・編集/蘆田)

関連記事

南シナ海埋め立て問題、米中の主張が対立「中国製品の輸入を規制すれば…」「中国は静かに地球を乗っ取ろうとしている…」―米国ネット

22日、AP通信は、中国が領有権を主張し、南シナ海での埋め立て工事を進めている問題で、米軍が哨戒機でファイアリークロス(永暑)礁周辺に接近したことを受けて、米中の主張が対立していると報じた。資料写真。

Record China
2015年5月23日 5時21分
続きを読む

韓国が国防白書で竹島に関する表現を強化、日本への厳格対応を明確化―韓国メディア

7日、韓国紙によると、韓国政府が6日に発表した「2014年国防白書」の中の竹島に関する内容は、日本の主権主張を「障害の要素」と定義し、厳格に対応するとの方針を示すなど、前回の「2012年国防白書」よりも強い表現を用いている。写真は韓国での報道。

Record China
2015年1月8日 12時2分
続きを読む

ランキング