中国式セレブお受験は行列待ちで合否が決まる?5日も行列に並んであぶれた保護者の一部が暴挙に―北京市

Record China    2015年5月26日(火) 15時44分

拡大

25日、北京市内の人気幼稚園で、次年度の入園申込みのために入園希望の保護者らが5日5晩も行列に並んだことが話題になっている。行列に並んでも入園申込みを断られた保護者43人の一部が、抗議の暴挙に出たことが追って報じられた。写真は中国農村部の幼稚園児たち。

(1 / 2 枚)

2015年5月25日、北京市内の人気幼稚園で、次年度の入園申込みのために入園希望の保護者らが5日5晩も行列に並んだことが話題になっている。行列に並んでも入園申込みを断られた保護者43人の一部が、抗議の暴挙に出たことが追って報じられた。北京晨報の報道。

その他の写真

同市豊台区にある人気幼稚園の布朗幼稚園は、翌年9月入園の申し込みを今月23日からスタートすると発表した。その募集人数はわずか100人。保護者たちは申し込みのため、5日前の18日から園の入り口で行列を作りはじめた。最終的に、行列は143人にまで膨れ上がったという。そして、申し込み受け付け当日の23日午前9時に正門が開き、入園申し込みがスタートした。市当局はこのためにパトカー2台を派遣、そのほかに警備員10人、そして行列に並んだ保護者から5人の代表者が現場のセキュリティを守るという厳戒態勢だ。

行列に並んでいた保護者の話では、入園の申し込みに必要なのは保護者の身分情報のみ。行列に並んでいる時点でその内容が照合され、申し込み資格のない保護者らははじかれたという。今回は正式な園児募集ではなく、あくまで入園申し込みの受け付けのみで、最終的な合否は翌年の入園時期に健康診断などの総合評価を通じて確定する。

5日5晩の行列に並んでまで同園に入園する価値があるのか。保護者の一部は「子供が4年を過ごす園ですから、当然あります」としたが、そのほかには「5日も行列に並ぶのはさすがに大変すぎます。今回のことで第2子をつくる気が失せました」との声もあり、中には最後まで行列に並ぶことなくあきらめて去って行った保護者もいたという。

受け付け開始から1時間。100人の募集枠に対して143人が並んだ行列は、当然ながら後ろの43人が受け付けを拒否される結果に。100人を受け付けたところで幼稚園の門は無情にも施錠された。これに残された43人のうち一部が激怒。「責任者を出せ」などと叫びながら幼稚園の門をたたく、蹴るなどし始めた。中にはドリンクの瓶を園内に投げ込む者も。現場の警備員が制止するも、騒動は収まらない。その後、騒ぎは1時間以上続いたという。この件に関して、幼稚園では一切の取材を拒否している。(翻訳・編集/愛玉)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携