苦しい生活はDNAの質まで低下させる―英紙

配信日時:2015年5月16日(土) 14時18分
苦しい生活はDNAの質まで低下させる―英紙
画像ID  467375
13日、最新の研究結果により、苦しい生活環境が貧困者のDNAに影響を及ぼすことが明らかになった。写真はデトロイト。
2015年5月13日、最新の研究結果により、苦しい生活環境が貧困者のDNAに影響を及ぼすことが明らかになった。暮らしのストレスは彼らの遺伝子に長期にわたって悪影響を残し、DNAの質を低下させるという。英デイリー・メール紙が伝えた。

その他の写真

デトロイトの貧困層、低・中所得層の黒人、白人、メキシコ系住民を対象に、それぞれのグループのテロメア(染色体の末端部にある構造)を研究したところ、過酷な環境で暮らす人々のDNA配列が年齢と共に短くなることが分かった。彼らの一部のテロメアは、良好な環境で暮らす同年齢の人よりも短い。

テロメアはDNAの末端にある反復配列で、「帽子」のような構造で染色体を保護し、細胞分裂周期を調整する。若者のテロメアの長さは、8000-1万個のヌクレオチドに相当する。テロメアは細胞分裂により短くなり、ストレスの影響を受ける。これまでの研究では、細胞内のテロメアの長さによって、その人の寿命を予想できることが明らかにされている。

デトロイトの低所得層は人種を問わず、テロメアの長さが国の平均を下回っていた。しかし研究チームは、人種・民族・所得がテロメアの長さに及ぼす影響について、統一的な見解を示していない。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事